動画が流せるフラッグ? JR品川駅にて新たな広告手法の可能性を模索する実証実験を開始

株式会社ジェイアール東日本企画

 

 

実施概要
(1)実施期間 :2020年12月14日(月)~2020年12月20日(日)
※実証実験のため、予告なく中止する可能性がございます。
(2)放映期間 :5:00~24:00 (19時間)
(3)実施場所 :JR品川駅中央改札内(右図参照)
(4)広告主  :株式会社Jackery Japan
(5)広告内容 :商品告知
(6)パートナー: パナソニックシステムソリューションズジャパン株式会社
(本社:東京都汐留、代表取締役社長:片倉 達夫 以下、パナソニック)
富士フイルムイメージングシステムズ株式会社
(本社:東京都品川区、代表取締役社長:西村 亨 以下、FFIS)

 

※品川駅大型フラッグ3基6面のうち1面が本実証実験で使用する面となります。
残り5面は通常のフラッグ広告での展開となります。

 

投影の仕組み

品川駅の改札内にあるショーケースの上部にプロジェクターを2台設置し、フラッグ面に対して同じ映像を「重ね打ち」投影することで、品川駅構内でも視認可能な明るさを実現しております。

 

本取り組みの狙い

プロジェクターを使用することで、駅の大型媒体を使用したダイナミックな映像表現を可能とし、従来のフラッグでは難しかった曜日・時間帯別で素材の切り替え放映も可能にしつつ、アテンションをより獲得できることを期待しています。また今回はショーケース内部も使用することで、その親和性の確認も行います。
この取り組みでの成果を踏まえ、従来の交通広告と新技術を融合させた新たな広告展開を「共創」という形で実現させ、広告主の多様なニーズに応えることを目指します。

参考 システム構成図

注記:AcroSignとは、パナソニックの「多様なコンテンツ」を「最適化されたシステム」で「豊富なデバイス」へ発信するコンテンツ配信サービスです。

 

 

上記はプレスリリースを転載しています。詳細は各企業にお問い合わせください。

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000044.000041458.html