地域特性をストーリー化した「世界にひとつの保育園」が3園誕生——トップアーティストが各園をプロデュース

保育所事業の運営を行う株式会社Eduleadが、トップアーティストとプロデュースした独自性のある保育園「未来のカプセル原宿保育園」「アルオン保育園」「マロカル保育園」の3園を2021年4月1日に開園した。

2014年の創業から9園を運営してきた株式会社Eduleadは、「主体性を育む」というミッションの実現のために、園児の欲求を最大限発揮できる「世界にひとつだけの保育園づくり」を行ってきた。園名や内装、遊具、玩具、保育活動に至るまで各園に独自性を持たせ、保育園に非日常的な空間や体験を取り入れることで、地域のシンボル化を目指している。

今回開園した3園は、それぞれの地域のアイデンティティや地域環境から生み出されるストーリーを施設空間にデザインしているとのこと。各園にマスコットキャラクターを作り、毎日の生活の中で園児一人一人の主体性や個性を育てていく取り組みを行っていく。

子どもたちの「未来」へ希望を「カプセル」に込めて
『未来のカプセル原宿保育園』

未来のカプセル原宿保育園は、「希望のメッセージを送る保育園」をテーマに、カラフルな色使いやキャラクターを用いた空間が特徴となっている。モニュメントや園内にあるカプセルには子どもたちの作品が飾られ、季節やイベントごとの空間づくりを楽しむことができる。日本のKAWAII文化を牽引してきた増田セバスチャン氏がビジュアルプロデュースを担当している。

【未来のカプセル原宿保育園 概要】
施設名: 未来のカプセル原宿保育園
運営形態:東京都認可保育園
開園日: 2021年4月1日
住所:  東京都渋谷区神宮前6-34-25
定員:  39名
対象年齢:生後57日から就学前
職員数: 13名(保育士、調理師、事務員、非常勤は含まない)
開園時間:通常保育 月〜土曜日(7:30〜20:30)(日祝開所あり)
休園日: 12月29日~1月3日までの年末年始

古代の物語×現代の融合・SDGsを視野に好奇心を育てる場所
『アルオン保育園』

東京都・北区のアルオン保育園は、明治時代に北区・田端でナウマンゾウの化石が発見されたことをもとに、古くから伝わる伝統と現在や未来へ繋がるクリエイティブの融合を、次世代に繋げていくことを目的とした保育園だ。子どもたち自身がアート作品を生み出し、作品を通して地球環境やモノの大切さを考えるSDGsを視野に入れた教育が行われる。ストーリーやデザインは「ミナカダ祭」のプロデュースなどで知られるMAJIO氏が担当している。

【アルオン保育園 概要】
施設名: アルオン保育園
運営形態:東京都認可保育園
開園日: 2021年4月1日
住所:  東京都北区田端2-10-5
定員:  60名
対象年齢:1歳児から就学前
職員数: 15名(保育士、調理師、事務員、非常勤は含まない)
開園時間:通常保育 月〜土曜日(7:15〜20:15)
休園日: 日曜日・祝祭日・12月29日~1月3日までの年末年始

東浦和の豊かな自然をイメージしたアートが特徴の園内
『マロカル保育園』

埼玉県・さいたま市のマロカル保育園は、東浦和の川と田園に囲まれた自然豊かな地域環境をイメージした保育園だ。園内の至る所に飾られた生き物たちのアートに触れることで、子どもたちの感受性を高めていく。プロデュースは、パークホテル東京やスターバックスコーヒー銀座蔦屋書店などを手掛ける小林万里子氏が担当している。

【マロカル保育園 概要】
施設名: マロカル保育園
運営形態:埼玉県認可保育園
開園日: 2021年4月1日
住所:  埼玉県さいたま市緑区東浦和5-27-4
定員:  78名
対象年齢:生後57日から就学前
職員数: 17名(保育士、調理師、事務員、非常勤は含まない)
開園時間:通常保育 月〜土曜日(7:00〜20:00)
休園日: 日曜日・祝祭日・12月29日~1月3日までの年末年始

空間づくりの他にも、テクノロジーを活用した活動データの解析や玩具の選定など、子どもたちの発達状況に合わせて興味関心を主体にした保育ができるような取り組みが行われている。株式会社Eduleadは2022年までに15園ほどの新規開園を計画しており、多様性に溢れるコミュニティにマッチした「世界に一つだけの保育園」を通して、子ども達や地域の未来のストーリーづくりを目指す。

記事全文はこちら