AIによる水上モビリティの自律化をコンセプトにしたスタートアップが設立——観光や物流の新たな産業創出を目指す

「ロボティクスとAIであらゆる水上モビリティの自律化する」ことをミッションとした、自律航行技術開発のスタートアップ、株式会社エイトノットが設立された。

同社は、水上モビリティの自動航行化の実現と、自動航行技術を活用したビジネス開発を行うマリンテックカンパニー株式会社Marine Xよりカーブアウトした自律航行技術の開発専門の企業。「水上モビリティのロボット化」をコンセプトに、ロボティクスやAIなどを活用した環境にやさしいEVロボティックボートによる水上オンデマンド交通の実現を目指す。

■会社設立の背景
陸の自動運転や空のドローンなど、モビリティの自律化・自動化技術の興隆が著しい昨今、その潮流は船舶をはじめとする水上モビリティにも及んでいます。自律化が進むことで、モビリティの安全性、利便性、経済合理性を向上を図ることができ、四方を海に囲まれた日本において、旅客・物流の既存産業へ新たな移動・輸送手段となることが期待されます。観光・レジャーにおいてはより手軽な水上体験を提供できるなど、新たな産業の創出にもつながると考えています。当社は、ロボティクスやAIなど先端技術を活用し「水上モビリティのロボット化」をコンセプトに、環境に配慮したEVロボティックボートによる水上オンデマンド交通の実現を目指して参ります。

株式会社エイトノットは、2023年に水上移動・輸送が生活インフラとなっている離島地域での一部サービス開始に向け、瀬戸内海の離島において、2021年秋に自律航行EV船の実証実験を行う予定とのこと。実証実験を通じて、島民の人々のニーズの深堀りと社会実装に向けた環境調査を行い、将来的には離島広域をカバーするサービスを展開していくようだ。

株式会社Marine Xとの協業

先述の通り、同社はテクノロジーで水上モビリティに挑戦する株式会社Marine Xよりカーブアウトした企業。株式会社Marine Xは、2020年秋に進化したAIクルーザー「X40 Concept」を発表し話題となった。

「X40 Concept」は都市部のクルーズにおける水上モビリティの進化をテーマに、デザイン、機能、メンテナンス性に至るまでオーナー目線で考え抜かれたインテリジェントサルーン。独自開発の安全航行AIアシストシステム「ポラリス」を搭載しており、水上の航行可能エリアと障害物を検知し、画面表示とアラート音で方角とおおよその距離を操船者に知らせる。その他にも、停泊中の自船位置を自動で保持するダイナミックポジショニングや船体の揺れを抑えるアンチローリングジャイロなどを実装しており、将来的には自律航行システムへのアップグレードが期待されている。

株式会社エイトノットは、今後もMarine X 社が開発するクルーザーへの自律航行システムの提供などを通して、プレジャーボートの自律化に向けて協業していくと述べている。

日本では「MIZBERING(ミズベリング)」など、官民一体の協働ソーシャルプロジェクトによる水上・水辺の文化の醸成も進んでいる。近い将来、都市部でも安全で快適な水上モビリティの自律航行が日常の風景として実現するかもしれない。

 

ニュース原文はこちら

「株式会社エイトノット」ホームページはこちら