東京・日本橋に、クリエイターによるオルタナティブなアートホテル「BnA_WALL」がオープン——アーティストスタジオやカフェ・バーも併設

アートホテルを運営しているBnAが、東京・日本橋に新たなアートホテル「BnA_WALL」をオープンした。新型コロナウイルスによる2度の開業延期を経て、4月2日に開業となった。

BnAはこれまで、高円寺、秋葉原、京都河原町で宿泊型アート作品を客室としたBnA HOTELを展開してきた。今回新たにオープンしたBnA_WALLでは、23組のクリエイターと共同制作した26部屋を用意。これまでのBnA HOTELと同様、宿泊費の一部がアートルームを制作したアーティストに還元されるパトロンシステムが採用されており、持続可能なアートシーンの活性化を目指している。

空間そのものを一からアーティストと制作するアプローチをとっているため、それぞれのアートルームはアーティストごとに全く異なる空間作品となっている。

YOSHIROTTEN 「Float」
椋本真理子「DAM room」
Konel「Visible Ambiance」
コリュ「桜色の絨毯の部屋」

スタッフの制服は関根隆文が手掛けるアパレルブランド「メアグラーティア(meagratia)」がデザイン。ホテルには、宿泊型アート作品を楽しむツールとして、スマートフォンや客室タブレットで聞くことができるオーディオナレーションや、アーティストが制作したガイドブックが用意される。ガイドブックのデザインは田中せりが担当し、ガイド内容やナレーションの制作はトラベルオーディオガイドアプリを開発するOn The Tripが手掛けている。

アーティストスタジオやカフェ、バーも併設されており、宿泊以外の利用も可能。地下のファクトリーエリアはアート制作や展示スペースとして設計され、アーティストに昼夜制作の場を提供しており、不定期でワークショップが開催される予定だ。巨大壁画は、ホテルのシンボルとして、2ヶ月に一度のペースでアーティストによって描き変えられる。

詳細はこちら