鳥獣による騒音や農作物被害を解決する携帯型LED照明「ホロライト・チェッカーズ」が誕生—— 浜松市の実証実験を実用化

LED照明の開発・製造・販売を手掛けるパイフォトニクス株式会社が、携帯型鳥獣対策用装置「ホロライト・チェッカーズ」を開発した。

ホロライト・チェッカーズは、内閣府の「オープンイノベーションチャレンジ2019」や、浜松市の実証実験プロジェクト「Hamamatsu ORI-Project」で実施した、市街地におけるムクドリ被害対策テーマの成果を実用化したもの。携帯型のホロライトでムクドリの追い払いに効果があることが報告されている。

パイフォトニクス株式会社はこれまでに小型軽量なキューブ型筐体から視認性の高い縦横25点のドット状光パターンを形成する「ホロライト・マトリクス」を製造してきた。今回開発されたホロライト・チェッカーズは、ホロライト・マトリクスを改良したもの。市松模様の光を高速に反転照射し、人間が知覚できない周期で点滅することによって、人間の目への影響は少なく、目の応答性が高い鳥獣に対して光刺激を与えることができる。ムクドリ以外にも、カラスやカモなどの鳥類やその他の獣類への追い払いの有効性が確認されている。

低消費電力であるため、バッテリーからの電力供給で持ち運びができ、グリップにあるトリガーを引くことで簡単に光照射をすることができる。ホロライトの特性を活かし、離れた場所からでもピンポイントに狙った場所のみを照らせるため、光害を最小限に抑えられる点も特徴だ。対策による騒音や異臭などもなく、野生鳥獣と共存できる人と環境に優しい対策が可能となる。

4月1日より、鳥獣による騒音や糞被害、農作物被害を受けている市町村や工場、農場向けに貸し出しサービスが開始されている。

詳細はこちら