No. 122 環境保護政策を総合分析する天秤

マルチエージェントシミュレーションによる政策分析

再生可能エネルギーにおける促進政策を複数同時に実行した際に、システム全体がどのように変化していくかをマルチエージェントシステムを使ってシミュレーションすることで政策の影響分析を行う研究。政策の組み合わせによっては、再生可能エネルギーからの電力量が増加から減少に転じてしまうことなどが分かる。こういったボトムアップ的な手法を用いれば、あらゆる政策のメタ分析を行うことができると期待される。

なにがすごいのか?

  • 複数の政策の相互依存関係の検証を行っている

知財情報

主な知財ホルダー:東京大学西野成昭研究室、Ayumu Ken Kikkawa

この知財は様々な特許や要素技術が関連しています。
詳細な情報をお求めの場合は、お問い合わせください。

知財ハンター

Mitsuhiro Odaka
小髙 充弘 Mitsuhiro Odaka
Media Artist / Konel Inc.

1991年生、神戸出身。学士(医学,理学)。広義の「感染」に関するメディアアート制作を行う。病原体、行動、モラル等が、複雑に跨ぎ合うつながり構造の上を拡散・極性化する現象に関心がある。その関心の下で、データによる予測可能性を超えた逸脱的な意味付けの内部に人間が人間たる規定要因を探したり、疎外された逸脱主体と他との交流の回復がありうるのか探ったりしている。