No. 128 大阪移民ワールド

大阪エスニックビジネスの実態調査

研究対象地域である大阪市中央区南部のエスニック(民族的)ビジネスの現状をインタビュー調査などを駆使して見える化した事例研究。対象地域は、韓国・朝鮮系、中国系、タイ系のエスニック系施設が混在し、この地域のエスニック集団に関して業種や業態を比較分析を行ったところ、小売やサービス業の事業所について、韓国系は北部、中国系は南部に多く分布していることや、中国系のサービス業が同胞向けに集積していることなどが明らかになった。将来的には、Twitterのツイート情報や位置情報のデータを組み合わせることで、民族の空間分布や棲み分け、見えない社会的孤立や疎外をデータドリブンで可視化することも期待される。

なにがすごいのか?

  • メタ視点からの民族間の比較
  • 業種・地理的分布などの様々な切り口

知財情報

主な知財ホルダー:京都大学文学部・文学研究科、粉川春幸

この知財は様々な特許や要素技術が関連しています。
詳細な情報をお求めの場合は、お問い合わせください。

知財ハンター

Mitsuhiro Odaka
小髙 充弘 Mitsuhiro Odaka
Media Artist / Konel Inc.

1991年生、神戸出身。学士(医学,理学)。広義の「感染」に関するメディアアート制作を行う。病原体、行動、モラル等が、複雑に跨ぎ合うつながり構造の上を拡散・極性化する現象に関心がある。その関心の下で、データによる予測可能性を超えた逸脱的な意味付けの内部に人間が人間たる規定要因を探したり、疎外された逸脱主体と他との交流の回復がありうるのか探ったりしている。