No. 234 あらゆる動きを測定可能にする伸縮性ひずみセンサ

C-STRETCH

「C-STRETCH」は、あらゆる動きを高精度に検知するひずみセンサー。センサー自体が伸縮する(ひずむ)ことで、形状の大きな変化や曲面の伸びを正確に計測できる。従来のひずみセンサーは、微小な動きの検知には優れていた反面、大きく激しい変化を伴う動きを正確に計測することは難しかった。一方、「C-STRETCH」はセンサーに優れた柔軟性と伸縮性を持たせることで、高速で大きな動きだけでなく、多方向の動きにも追従して計測できる。医療やスポーツにおける新たなインターフェースの開発など、幅広い分野への応用が期待されている。

自由度の高い素材と高精度な測定

なぜできるのか?

どんな動きも検知する伸縮応答性

ナノカーボンからなる伸縮性に優れた導電層が用いられており、センサーが素早く伸展・収縮するため、大きな動きや速い動きにも追従し計測できる。

優れた柔軟性

柔軟性の高いエラストマー(ゴムのように弾性をもつ、柔らかい高分子)素材が使用されているため、曲面やシワに合わせてぴったり取り付けることができる。この優れた柔軟性が、身体に負荷をかけることなく正確に計測することを可能にしている。

高精度な測定

タッチパネルにも用いられる、「静電容量方式」による計測方法によって、全方向への高精度な計測を実現している。

相性のいい分野

医療
心臓や肺の異常をすぐに感知し知らせてくれる「シート型健康チェックセンサー」
スポーツ
スポーツ時の動きや体幹を改善するための「からだのひずみ計測器」
ヘルスケア
睡眠時間や1日の運動量を正確に計測し視覚化してくれるデバイス
ロボティクス
人や動物の動きをリアルに再現したロボットの開発
音楽
身体の動きを検知して音を鳴らす「エアギター演奏」

知財情報

主な知財ホルダー:バンドー化学株式会社

この知財は様々な特許や要素技術が関連しています。
詳細な情報をお求めの場合は、お問い合わせください。

知財ハンター

出村 光世 Mitsuyo Demura
Producer / Konel Inc.

1985年石川県金沢市生まれ。早稲田大学理工学部経営システム工学科卒。アート/プロダクト/マーケティングなど領域に縛られずにさまざまなプロジェクトを推進。プロトタイピングに特化した「日本橋地下実験場」を拠点に制作活動を行い、国内外のエキシビションにて作品を発表している。自然現象とバイオテクノロジーに高い関心がある。


知財ライティング: 佐藤拓海