No. 283 緩衝材もテープも不要なオールインワン梱包材

Flex&Seal Shipping Rolls(フレックス&シール シッピングロールズ)

Flex&Seal Shipping Rolls(フレックス&シール シッピングロールズ)とは、商品に合わせてシートをカットし、内側の接着ライナーを貼り合わせるだけで手早く梱包できるオールインワン梱包材。昨今、サステナビリティの観点から、過剰包装・過剰梱包の改善が求められている。本製品は、これまで梱包に必要だったダンボールや緩衝材、梱包用テープを使用する必要がないため、作業時間や梱包資材、保管スペースを大幅に削減することが可能となる。ゴミの削減と運送効率の向上によって、環境負荷の低減が期待されている。

なぜできるのか?

3層からなるオールインワン構造

「Flex&Seal Shipping Rolls」は、フィルム外層とクッション層、粘着層の3層構造でできている。梱包材と緩衝材、テープの役割をひとつで担うことができる。

特殊な自己粘着技術

粘着層には、3M独自の特殊な自己粘着技術が使われている。そのため、内容物に影響することなくグレー色の粘着面同士のみを貼り合わせることができる。

省スペースによる運送効率の向上

商品の形状に合わせた梱包ができるため、ダンボールと比較して保管スペースを最大50%削減することが可能。輸送トラックの便数やガソリン燃料の削減に繋がり、排出ガスの低減が期待できる。

相性のいい分野

物流
スピードと正確性が求められる梱包作業の効率化とトラック輸送の生産性の向上
住宅
形や素材に柔軟に対応し整理整頓できる、かさばらない収納術
災害
災害時におけるゴミの排出を抑えた物資供給
SDGs
運送効率の向上による温室効果ガスの排出削減
農業
小ロットからでも保存・配送が可能な新しい農の物流

知財情報

主な知財ホルダー: 3M Company

この知財は様々な特許や要素技術が関連しています。
詳細な情報をお求めの場合は、お問い合わせください。

知財ハンター

宮田 大 Dai Miyata
Creative Director / Konel Inc.

1985年石川県金沢市生まれ。ブランディングから広告、映像、グラフィックデザインのクリエイティブディレクションが得意領域。Konelではプランからデザインまで自身で担当することも多い。アナログとデジタルを共有するプロダクト/テクノロジーや、映像・音楽関係の知財に高い関心を持つ。趣味は音楽制作で、トラックメイキングからラップもたまに行う。


知財ライティング: 大谷夏鈴