知財図鑑

未来をつくる手段が見つかる。

知財図鑑

News

2021.02.24 Upload

知財ニュース

現代日本人が一番好きな食べ物とは…TwitterとAIを使って分析した結果が話題に

AdobeStock
引用元: https://stock.adobe.com/jp/

近年、多くの方が Twitterを利用するようになり、大量に投稿されたツイートを通して人々の行動や考えを分析することが可能となりました。ツイートには画像が付与されたものも多く、特に昼食時・夕食時には、食事の画像が大量にツイートされます。

そこで、電気通信大学の柳井教授は2011年5月から2013年8月の2年4ヶ月の間に収集した約10億件の画像付きツイートに対して、食事キーワード検索と高速食事画像認識エンジンを用いて100種類の食事画像を抽出する実験を行いました。

これにより、精度の高い「現代の日本人の好きな食べ物ランキング」が明かされたのです。果たして、どのような結果になったのでしょうか?

現代の日本人の好きな食べ物ランキング

まずは、第4位までご紹介します。

10位・・・刺身(13,927枚)

9位・・・ごはん(14,264枚)

8位・・・お好み焼き(15,234枚)

7位・・・ギョーザ(16,014枚)

6位・・・ピザ(16,921枚)

5位・・・オムライス(17,520枚)

4位・・・つけ麺(22,158枚)

つけ麺が単独カテゴリとしてまさかの4位に。また、5位のオムライスはケチャップで絵や文字が書かれている手づくりのものが多いのが特徴です。食事にも”写真映え”が求められる現代では、トッピングや味付け、盛り付け方などで個性が出やすい料理が人気なのかもしれません。

そして、約10億件のデータから導き出された現代日本人が愛する食べ物TOP3がこちら。

  • 第3位・・・・・・「寿司(25,898枚)」

日本人のソウルフードである寿司が、第3位にランクイン。以前は「贅沢品」として楽しまれていましたが、最近では回転寿司や自宅でできる手巻き寿司など、気軽に食べられる機会が多くなりました。具材によって様々な食感が楽しめる寿司は、ASMR動画に登場することも多く、より若者の間でもなじみ深い料理となっています。

  • 第2位・・・・・・「カレー(59,264枚)」

子どもの好きな食べ物代表、おふくろの味としても親しまれているカレーが、3位の寿司に3万枚以上の差をつけて第2位にランクイン。18位には「カツカレー」がランクインしています。毎年様々な料理が流行っては消えていきますが、自宅でもお店でも気軽に楽しめるカレーはこれからも君臨し続けることでしょう。

  • 第1位・・・・・・「ラーメン(80,021枚)」

寿司やカレーといった人気料理を抑えて堂々の第1位を飾ったのは、ラーメンでした。4位にはつけ麺がランクインするなど、現代の日本人の中で麺類が絶大な人気を誇ることが分かりますね。醤油、味噌、塩、とんこつ、そしてトッピング…。個性豊かな味を楽しむことができるのが、人気の理由の一つではないでしょうか。

10億枚のツイッターの写真を分析した「現代の日本人の好きな食べ物ランキング」、皆さんの好きな食べ物は入っていたでしょうか。

あまりにも膨大なデータの多さから、ツイートの画像を分析することはクラスタリング程度の簡単な処理に留まっており、近年盛んに研究されている一般物体認識手法を用いての画像分析は行われていませんでした。これを実現した今回の実験は、様々な分野で活躍することが期待できます。今後どのような分析結果が発表されるのかが楽しみですね。

ニュース原文はこちら