News

2021.06.29 Upload

知財ニュース

Perfume初のNFTアートが、ライゾマティクス独自のプラットフォーム「NFT Experiment」からリリース

Perfume

Perfume初のNFTアート作品「Imaginary Museum “Time Warp” 」が、ライゾマティクス独自のプラットフォーム「NFT Experiment」からリリースされた。

NFTアートとは、NFT(ブロックチェーン上に記録される代替不可能な暗号資産)によって永続性/相互運用性/唯一性が保証されたデジタルアート作品のこと。コロナ禍により急速に世界中でムーブメントとなり、数十億円という高額な取引も行われている。

「NFT Experiment」は、実験的なアートやプロジェクトを数多く制作するライゾマティクスが、NFTショップサービス「Mint(ミント)」を用いて開設した、NFTアート作品を販売するための独自のプラットフォームだ。NFTアートを取り巻く状況を分析して可視化し、その課題や今後のヴィジョンを問いかける取り組みを行っていくことを目標に開設された。

本作は、2020年に開催されたPerfumeのオンライン・フェス『“P.O.P” Festival』で披露したパフォーマンス「Imaginary Museum “Time Warp”」のデータが元となったもの。演出振付家・MIKIKO氏による振付の中から、Perfumeの象徴的なポーズが3Dデータ化された。

本作のコンセンサスアルゴリズム(取引を承認する合意形成に必要なアルゴリズム)には、所有権の証明等に必要な電力が少ないPoS(プルーフ・オブ・ステーク)を使用したPolygon(ポリゴン)が採用されており、環境への負荷が少ない点が特徴だ。

開始価格は100MATIC(約1万4700円)で、オークションは6月11日〜18日まで行われた。落札価格は20000MATIC(約325万円)。今後もNFTアート作品が随時販売される予定だ。

記事全文はこちら

Top Image : ©ライゾマティクス

広告