News

2021.07.16 Upload

知財ニュース

図鑑の世界に入り込む体験型デジタルミュージアム「ZUKAN MUSEUM GINZA powered by 小学館の図鑑NEO」が開業

main-4

東急プラザ銀座にて、図鑑の世界に入り込む体験型デジタルミュージアム 『ZUKAN MUSEUM GINZA powered by 小学館の図鑑NEO』が開業した。

ZUKAN MUSEUM GINZAは、佐々木ホールディングス株式会社、株式会社小学館、株式会社エイド・ディーシーシー、株式会社ドリル、株式会社電通、株式会社サニーサイドアップ、株式会社朝日新聞社の7社からなる合同組合「ずかんミュージアム有限責任事業組合」による施設だ。「 “地球の自然”が凝縮された、生きるミュージアム」として、「小学館の図鑑NEOシリーズ」から横断的にピックアップした多種多様な生き物がデジタルで可視化される世界に入り込み、図鑑の中でしか見ることのできなかった生き物たちに出会うことができる。

undefined

アニメーションは、小学館の図鑑NEOチーム監修のもと入念に作り上げられており、特に生き物の普段の行動や警戒した時の動きなど、様々な映像資料を観察して再現されている。生き物の見た目に関しては、それぞれの細かな特徴を捉えつつイラストのようなペイントタッチで仕上げられているため、虫などの見た目が苦手な人でも楽しむことが可能。背景に関しても、実際に生息している地域の特色をもとにペイントタッチで表現し、没入感のある空間となっている。

undefined

施設の中では24時間という時間の経過や天候の変動など、リアルな地球の環境の変化を表現できるように設計されており、学びにおいて「読んで知る」と同等に大切な「実体験をつくる」ことを目指している。

undefined

undefined

ZUKAN MUSEUM GINZAはコロナ禍以前に始動したプロジェクトで、当初は「東京2020オリンピック・パラリンピック」の翌年にポスト五輪の新しい銀座の名所として展開する狙いだった。しかし、コロナ禍によってポスト五輪という論点は変わり、おうち時間が増える中で価値が高まった「リアル」「体験」というコト消費へのニーズに応える施設となった。また、SDGsや環境問題への意識も高まる世の中で、世界中の自然環境を旅するかの様なスケールの大きな体験を提供することも目的としている。

【ZUKAN MUSEUM GINZA powered by 小学館の図鑑NEO】

場所 :〒104-0061 東京都中央区銀座5丁目2−1 東急プラザ銀座 6F
アクセス :東京メトロ 銀座線・丸ノ内線・日比谷線 銀座駅C2・C3出口徒歩1分
東京メトロ・日比谷線・千代田線・都営三田線 日比谷駅A1出口徒歩2分
JR山手線・京浜東北線 有楽町駅銀座口徒歩4分

営業時間 :11:00~20:00(※予定)
休館日 :東急プラザ銀座の休館日に準ずる(※1/1と年1回の不定期休)
公式HP :https://zukan-museum.com/ (一般からのお問い合わせ:info@zukan-museum.com)
公式SNS :【Twitter】@zukan_museum 【Instagram】@zukan_museum

詳細はこちら

Top Image :©ZUKAN MUSEUM GINZA powered by 小学館の図鑑NEO

広告