News

2021.06.24 Upload

知財ニュース

北海道の大自然に癒される─没入型のデジタル森林浴®️空間「uralaa park haneda」が羽田空港で提供開始

uralaa park haneda 1

テクノロジーを活用してウェルビーイングの実現を目指すフォレストデジタル株式会社は、2021年6月10日にオープンする「北海道どさんこプラザ羽田空港店」2層部のノースカフェ&BEERにて、デジタル森林浴®️を体験できる空間「uralaa park(うららパーク)haneda」の提供を発表した。このuralaa parkは、北海道十勝浦幌町に次ぐ2つ目の常設施設で、東京都内では初となる。

uralaa park 2

uralaa park 2

uralaa park 4

uralaa park(うららパーク)は、大型のマルチスクリーンによる映像やサラウンド音響システムなどを用いて、あたかも森や自然の中にいるような体験ができる没入型のデジタル森林浴®️空間です。
これまでuralaa parkを体験されたゲストの96%が「リラックスできた、心を穏やかにすることができた」と回答されました。HMD(ヘッドマウンドディスプレイ)など特別な機器を身体につける必要はないので、ゆっくりと食事をしながら北海道の自然を楽しむことが出来ます。
コロナ禍の今だからこそ、デジタル技術を用いて都内でも北海道の雄大な自然に癒され、北海道の食材を楽しみ、そして様々な北海道の魅力を再発見していただきたいと思います。(PRTimesより引用)

「uralaa park haneda」のテーマは、「十勝の四季」。北海道十勝浦幌町の夏の森を始め、十勝の牧場の牛、小麦畑、ジュエリーアイスなど、美しい四季を25分間のプログラムで体験することができる。

新型コロナウイルスによる外出自粛が余儀なくされる今、疑似的な旅行体験を生成することで、人々の外出欲求の軽減の一助となることが期待されている。

ニュース原文はこちら

Top Image : ©フォレストデジタル株式会社

広告