News

2021.06.21

知財ニュース

6/22(火)、日本橋に「分身ロボットカフェDAWN ver.β」常設実験店がオープン

分身ロボットカフェ

遠隔操作で動かす分身ロボットが接客する飲食店「分身ロボットカフェDAWN ver.β」が、6月22日(火)に日本橋にオープンする。記者会見が行われ、同カフェを運営する株式会社オリィ研究所代表の吉藤氏や協賛会社が出席するオープニングセレモニーが開催された。

「分身ロボットカフェDAWN ver.β」では、重度の障害を持っているなどの理由で外出が困難な人たちが、“パイロット”として遠隔から「OriHime」「OriHime-D」といったロボットを操作し、コーヒー等のサーブやオーダーなどの接客業務を行う。今回の出店は過去4度の期間限定出店を経た、初の常設実験店。「TAILORED CAFE」監修の本格的なフードメニューや、元バリスタのパイロットがコーヒーを淹れる「テレバリスタOriHime × NEXTAGE」のコーナーなど、新たな試みも見所だ。

知財図鑑でも注目するアバターロボット技術だが、この分身ロボットカフェは技術のみならず、就労形態の拡大や孤独の解消など、社会課題に対する前向きなアプローチとして多くの示唆に富む。

このプロジェクトに至るまでの吉藤氏の想いや、今後の可能性についてのアイディアは以下の記事に詳しいので、ぜひ合わせて読んでみてはいかがだろうか。

「分身ロボットカフェ」が世に問う社会参加の形。日本橋EAST地区の新プレイヤーのビジョンとは?(Collaboration magazine Bridgine)

Top Image : ©DAWN CAFE

広告