News

2021.07.12 Upload

知財ニュース

ネクストミーツ株式会社の代替肉「NEXT Yakiniku Short Rib(NEXTカルビ)」がアメリカ進出、D2C販売初日で完売

d62184-20-800259-1

代替肉の研究・開発を行うネクストミーツ株式会社が、アメリカで行われた代替プロテインサミット「Future Food Tech」に参加し、自社オンラインストアにて「NEXT Yakiniku Short Rib(NEXTカルビ)」を販売開始した。

NEXT Yakiniku Short Ribは初日で完売。今年6月にはカリフォルニア州サクラメントで行われた大規模なヴィーガンフェスティバルにも出展し、アメリカ人気バーガーチェーンの「Wayback Burgers」とのコラボで成功を収めるなど、日本の代替肉ブランドとして「日本食」と「無添加」というポジショニングを取ることで、代替肉の激戦区であるアメリカの消費者にも受け入れられている。現在はアメリカでの生産体制を更に拡大するべく準備を進めており、次の販売開始日については今後発表されるようだ。

undefined

ネクストミーツ株式会社は、「地球を終わらせない」を理念とし、代替肉によって過剰な畜産を減らすことで環境問題に貢献することを目的としている。これまで、世界初の焼肉用フェイクミート「NEXT焼肉」シリーズや、100%植物性の牛丼「NEXT牛丼」、鶏肉タイプの代替肉「NEXTチキン」などを発売。2021年1月には米国市場にSPACスキームでOTCBBに上場し、現在は日本だけでなくアメリカ、シンガポール、台湾、ベトナムなど海外10カ国以上で展開している。昨年12月には総合商社の豊田通商とパートナーシップの基本合意を発表し、今年3月には世界のVegTech企業21に日本企業として唯一選出された。

undefined

自社のR&Dセンター「NEXT Lab」では世界中から集まった研究者が大豆に限らず幅広い代替タンパクの研究開発に着手しており、2050年までに世界中で全ての肉を代替することをミッションとしている。

記事全文はこちら

Top Image :©ネクストミーツ株式会社

広告