News

2021.06.30 Upload

知財ニュース

新事業創造メソッド「未来予測データ」×「クリエイター発想」とは─電通・アスタミューゼがウェビナー開催

新事業創造メソッド

企業の飛躍可能性をデザインする「Future Vision Studio」と、新規事業創出・オープンイノベーション支援を手掛けるアスタミューゼ株式会社がウェビナーを開催する。開催は2021年7月1日(木)。未来市場を開拓する新規事業開発や企業価値向上に向け、独自メソッド「未来予測データ」×「クリエイター発想」を紹介する。

未来開拓につながる新規事業開発には、社内外へビジョンを発信し、期待感を醸成することが欠かせない。そこで、【未来予測データによる自社の持つ技術のポテンシャル】×【クリエイター発想によるアイディエーション】を掛け合わせる、独自メソッドを活用。本ウェビナーではメソッドを軸に、新規事業開発と企業価値向上をワンストップで両立する手法・提供プログラムの紹介を行う。開催概要は下記の通り。


■ウェビナー開催概要(抜粋)

[日時]
2021年7月1日(木)15:00~16:00

[内容]
-01- 登壇者ご紹介
-02- introduction / 未来市場とは?
-03- アスタミューゼ紹介 / データから導き出す未来事業の種
-04- 電通FCC紹介 / クリエーターと未来事業を創造する
-05- 新!事業開発メソッドご紹介
-06- ご提供メニューのご説明

▼このような方にオススメ
・新規事業、事業企画、イノベーション部署担当者様
・共感を得る企業ビジョンを描きたい経営企画、経営者の皆様
・合意形成に課題のあるコンソーシアム担当者様
・研究所、R&D担当者様
・万博等企業ビジョンを発信するイベントの出展担当者様
・資金調達を目指すベンチャー企業担当者様
・ビジョンを発信し採用活動に活かしたい採用担当者様

参加費:無料 ※要:事前登録/定員500名
場所:オンライン(zoom)
事前登録先はこちら

■スピーカー

電通・榊氏

榊良祐 Sakaki Ryosuke
電通 Creative Director / Future Vision Studio 代表 / OPEN MEALS 代表

2004年Art Directorとして電通へ入社。様々な企業の広告キャンペーンに携わる。現在は「ウェルビーイングな22世紀共創」をミッションとして縦横無尽に領域拡張中。近年の主なプロジェクトには、企業の飛躍可能性をデザインする「Future Vision Studio」、未来食産業共創プロジェクト「OPEN MEALS」、宇宙食市場共創プロジェクト「space foodsphere」、2023年開業予定の「北海道ボールパーク」プロジェクト、全都民配布の防災ブック「東京防災」プロジェクトなどがある。グッドデザイン賞金賞やD&AD/カンヌほか国内外で受賞多数。「令和のヒットをつくる人」(日経BP)に選出。

アスタミューゼ・池田氏

池田直人 Ikeda Naoto
アスタミューゼ株式会社 事業開発本部 ディレクター

東京大学大学院修了後、大手グローバルコンサルティングファーム等を経てアスタミューゼに入社。アスタミューゼでは、新規事業創出のコンサルティングに従事すると共に、社内での新規事業創出・オープンイノベーションを支援するSaaS「InnovationCapital Pathfinder(ICP)」の事業責任者として事業推進を担う。


ウェビナーで提供予定のプログラムは、「Future Vision Studio」と、事業創業を支援するアスタミューゼのSaaS 「InnovationCapital Pathfinder(ICP)」。

Future Vision Studioは、電通、アスタミューゼ、ピクシブ株式会社、Konelが立ち上げた未来事業共創チームで、榊氏が代表を務める。企業・組織の既存事業拡張、未来ヴィジョンづくりや、新規事業・新製品の開発サポートなどを行っている。

食をデジタル化した『転送寿司』で世界的に話題を呼んだ「OPEN MEALS」は、Future Vision Studioの独自メソッドを活用した実践例の1つ。気象データをもとに3Dプリンタで成形した『サイバー和菓子』もOPEN MEALSが手掛けたプロダクトだ。

本ウェビナーが、自社内に眠る新しい可能性・未来開拓の種に気づくきっかけとなるかもしれない。


ウェビナーの開催案内はこちら

Top Image : © Peatix

広告