News

2021.06.22 Upload

知財ニュース

食べられるコップ「もぐカップ」が本格展開、利用者からの声に応えてオンラインショップを開設

mogcup 1

アサヒビール株式会社は、株式会社丸繁製菓と共同開発した飲料容器「もぐカップ」のオンラインショップを開設し、3月10日から一般販売を開始した。

「もぐカップ」とは、国産のじゃがいもでん粉を高温高圧で焼き固めることにより作られた食べられるコップ。容器自体にそれぞれ味付けがされており、飲み物や食べ物との組み合わせを楽しむことができる。

mogcup 3

mogcup 3

ドリンクを入れた場合の耐水性は1時間まで検証されており、アウトドア、BBQ、ホームパーティといった様々なシーンで活躍するアイテムだ。

これまで「もぐカップ」は、飲食店などにおいて、フードやドリンクを用いたテスト展開を行っていたが、「家でも使ってみたい」「アウトドアでのごみ削減に活用したい」「ギフト向けに購入したい」などの要望が利用者から多く寄せられ、この度オンラインショップでの販売が決定した。

商品ラインアップは、11月のテスト展開時に使用した<プレーン><えびせん><チョコ>に、新フレーバーの<ナッツ>をくわえた4種類。

mogcup 2

カップのサイズもS(50ml)・M(100ml)・L(200ml) の3種類の中から選ぶことができる。

「もぐカップ」から新たな提案をするアサヒビールは、“使い捨て”という消費行動自体を変革し、楽しみながらプラスチック削減に取り組む提案をすることで、持続可能な社会の実現に貢献すると共に、アサヒグループが掲げる“楽しい生活文化の創造”を目指す。

プレスリリースはこちら

公式サイトはこちら

Top Image : ©アサヒビール株式会社

広告