No.714

2022.05.12

メタバース空間が体感できる個室型VR空間

メタキューブ

meta1

概要

「メタキューブ」とは、防音個室ブース「テレキューブ」を活用した、メタバース空間の体感システム。「テレキューブ」室内の壁面に映像コンテンツを投影することで、ゴーグル型VRデバイスなどを装着することなく臨場感あふれるVR・メタバース空間を体感できる。一般的なゴーグル型デバイスを必要としないため、専用装置準備の手間や顔に触れる機器の使い回しの必要がなく、また、ゴーグルによるVR酔いのリスクも少ない。エンターテイメントだけでなく、ビジネスにおいても幅広い業種・用途でのメタバース活用可能性を探ることを目的とした本サービスは、不動産や観光の遠隔案内サービス・体験型エンターテイメント・VRジムなど、幅広いジャンルでの活用を想定しており、実用化に向けた実証実験への取り組みを進めている。

なぜできるのか?

防音個室ブースとしての性能の高さ

「メタキューブ」に使用される防音個室ブース「テレキューブ」は、ブイキューブ社とオフィス家具メーカーの株式会社オカムラが共同開発した、Web会議に最適な防音個室ブース。優れた居住性、防音性、そして防災機能が特徴で、設置台数は国内でも有数のシェアを誇る。

個室ブースを生かした大画面

「メタキューブ」のコンセプトモデルでは、360度カメラで撮影した静止画や動画、CG画像、遠隔地のリアルタイム映像などの映像コンテンツを、「テレキューブ」室内の壁面に投影。これにより、Web会議やライブ配信映像などを、離れている人と同じ空間にいるかのように体験することができる。

利用ハードルの低さ

従来のVR・メタバース体験には、ゴーグル型デバイスをプラットフォームとしたものが一般的であったが、「メタキューブ」ではブースに入るだけでそれを体験することができる。このため、専用機材の準備やVR酔いの心配がなく、誰でも簡単に体験することができ、また、複数人対応の個室ブースを利用した、複数人での同時コンテンツ体験も可能となった。

相性のいい産業分野

住宅・不動産・建築

遠隔で行う不動産物件の非接触型内見訪問

教育・人材

個別指導塾や家庭教師などの教育分野への導入

医療・福祉

オンラインで完結する医師の診察・診断

IT・通信

誰とでもその場に一緒にいるかのように繋がれる公衆電話

この知財の情報・出典

この知財は様々な特許や要素技術が関連しています。
詳細な情報をお求めの場合は、お問い合わせください。

Top Image : © 株式会社ブイキューブ

広告