No. 051 環境にやさしい防虫システム

振動により害虫を防除する方法

この知財は、昆虫が振動に敏感である習性を利用して、振動により害虫の行動を制御する新しい防除法である。振動発生装置として、周波数可変域が広い超磁歪素子(磁界によってひずみを生じる合金。コイルを巻き、交流電流を流すことで振動させる)が有用。これにより、景勝地や公園等の木を害虫から守ることや、農作物への殺虫剤の使用を控えることで生態系への影響を最小限にした被害防止が期待されている。

知財情報

主な知財ホルダー:独立行政法人森林総合研究所、電気通信大学、北海道大学

 
この知財は様々な特許や要素技術が関連しています。
詳細な情報をお求めの場合は、お問い合わせください。

知財ハンター

荒井 亮 Ryo Arai
Producer / Konel Inc.

1977年東京都荒川区生まれ。立教大学社会学部産業関係学科卒。クリエイティブ会社にてライブ配信事業のプロデューサーとして番組の企画制作、各種アライアンスやチームビルディングを担当。その後、Konelに所属し「日本橋地下実験場」を中心としたプロジェクトに関わる。聴覚を拡張するプロダクト『PlayEar』の開発や、インターネット世代のポップカルチャー、メディアアート、ペットテック領域に関心がある。