No. 053 音から異常を検知するAI

異音検知ソリューション

この知財は、装置の音をAIに学習させることで、異常な音を感知させる技術である。リアルタイムで検知された異音は、画像や動画、音声データとともに管理者の元にメールで通知され、機械の状態の把握が常時可能となる。これにより、熟練工を必要としていた異音検知が自動化され、メンテナンス時期の予測や故障の予兆検知もできる。現状は工場での設備管理等で活用されているが、音に限らず振動も同様のアルゴリズムを用いて対応可能であるため、騒音等で音が聞こえない場所や線路上の異物の有無の把握などへの活用も期待される。

知財情報

主な知財ホルダー:株式会社NTTデータCCS

この知財は様々な特許や要素技術が関連しています。
詳細な情報をお求めの場合は、お問い合わせください。

知財ハンター

丑田 美奈子 Minako Ushida
Writer / Konel Inc.

1982年神奈川県相模原市生まれ。ライター・プロデューサー・バックオフィサーの顔を持ち、活字と音楽をこよなく愛する。別名・最もテクノロジーから遠い超文系知財ハンター。彼女の琴線に触れる知財とはすなわち万人に届きやすい知財であることを意味する。未来を作る教育関連の知財や食関連など、実用性が高く生活に密着する知財を日々探している。