No. 115 宇宙環境に優しい地産地消エンジン

液化天然ガスエンジン

液化天然ガス(Liquid Nitrogen Gas; LNG)エンジンは、家畜の糞尿や生ゴミから生成されるメタンを主成分とする推進剤を噴射した反動で推力を得る、宇宙航空機のロケットジェットエンジン。従来のエンジンと比べ、LNGエンジンは二酸化炭素を極力排出せずに数分で宇宙空間に到達し、大気圏再突入後は燃料をほとんど使わないで目的地まで滑空することができる。将来的には、航空宇宙産業全体における持続可能な発展に寄与する技術として期待される。

なにがすごいのか?

  • 再生可能エネルギーから生成した燃料での地産地消
  • 宇宙環境保護と持続可能な発展に寄与
  • 二酸化炭素排出量の削減

なぜ生まれたのか?

ロケットの心臓ともいえるエンジンは、長きにわたり世界中でさまざまな方式の開発が進められてきた。LNGエンジンの開発は古くから行われてきたものの、既存の推進系をあえて置き換えるほどの性能ではなく、世界的な実用化にまでは至らなかった。最近になって、従来のエンジンにおける大量の二酸化炭素排出の問題を受けて宇宙環境に優しいエンジンの開発が求められるようになったことに加え、再使用型ロケットや軌道間輸送機、有人火星探査等の広範な輸送系が検討されるようになったことを契機に、LNGエンジンの優位性/将来性が再認識されるようになった。

なぜできるのか?

推進機構

推進剤の燃焼により生成された高温・高圧ガスをノズルから噴出した反動により推力を生み出す。

相性のいい分野

宇宙
二酸化炭素を極力排出せずに宇宙空間に到達し、大気圏再突入後は燃料をほとんど使わずに滑空
SDGs
持続可能性が高く、宇宙環境に優しいエンジンの開発

知財情報

主な知財ホルダー:株式会社SPACE WALKER

この知財は様々な特許や要素技術が関連しています。
詳細な情報をお求めの場合は、お問い合わせください。

知財ハンター

小髙 充弘 Mitsuhiro Odaka
Media Artist / Konel Inc.

1991年生、神戸出身。学士(医学,理学)。広義の「感染」に関するメディアアート制作を行う。病原体、行動、モラル等が、複雑に跨ぎ合うつながり構造の上を拡散・極性化する現象に関心がある。その関心の下で、データによる予測可能性を超えた逸脱的な意味付けの内部に人間が人間たる規定要因を探したり、疎外された逸脱主体と他との交流の回復がありうるのか探ったりしている。