No. 124 交通事故を防ぐための危険予測モデル

推論エンジンと物理シミュレーション

位置・速度・車載カメラからの視界画像といった観測情報から、定量的情報の抜け落ちを防ぎつつ、交通シーンにおける衝突を予測するモデルを構築した研究。膨大な知識データベースからの推論と物理シミュレーションを組み合わせることにより、物体検出だけでは予測できない潜在的危険をより正確に予測することが可能となった。本研究の予測モデルによって、潜在的な衝突危険性を予測して安全・安心な自動運転技術の発展が期待される。

なにがすごいのか?

  • 大規模なデータセットと従来モデルを拡張した仮説推論
  • 推論と物理シミュレーションの融合による衝突危険性の計測

知財情報

主な知財ホルダー:東北大学乾・岡崎研究室、小林颯介

この知財は様々な特許や要素技術が関連しています。
詳細な情報をお求めの場合は、お問い合わせください。

知財ハンター

Mitsuhiro Odaka
小髙 充弘 Mitsuhiro Odaka
Media Artist / Konel Inc.

1991年生、神戸出身。学士(医学,理学)。広義の「感染」に関するメディアアート制作を行う。病原体、行動、モラル等が、複雑に跨ぎ合うつながり構造の上を拡散・極性化する現象に関心がある。その関心の下で、データによる予測可能性を超えた逸脱的な意味付けの内部に人間が人間たる規定要因を探したり、疎外された逸脱主体と他との交流の回復がありうるのか探ったりしている。