No. 164 ワンコイン・10秒で判定できる栄養検査サービス

Vitanote Quick(ビタノート クイック)

Vitanote Quick(ビタノート クイック)は、テストペーパーに尿を浸して専用のスマートフォンアプリで撮影すると、10秒でビタミン・ミネラル・食事バランスを評価する栄養検査キット。従来は1週間程度の期間がかかっていた同様の検査がわずかな時間で測定可能なうえ、その場で結果がわかるため検体の輸送が不要となった。開発途上国などインフラの整わない場所での即時判定が可能となり、用途応用の可能性が広がっている。

なにがすごいのか?

  • 尿に浸したテストペーパーをアプリで撮影するだけで判定可能
  • 26種のビタミン・ミネラルの総合的な評価、食品の摂取バランスを見える化
  • 栄養状況を反映する尿中バイオマーカーの同定から生まれた技術
  • ワンコイン・500円での販売を実現

なぜ生まれたのか?

「Vitanote Quick」の開発のきっかけのひとつは、途上国の栄養課題の解決に寄与したいという想いがある。同技術の前身「VitaNote」では、物流インフラの充実や検査センターが必要となり、開発途上国ではリーチ困難だった。そのため検体の輸送を必要とせずにスマートフォンを活用した検査を実現するべく、手軽な検査キットである「Vitanote Quick」が開発された。同技術は今後、開発途上国を始め海外での栄養検査・改善事業の展開が期待されている。

なぜできるのか?

前身サービスで蓄積されたデータ解析

郵送栄養検査サービス「VitaNote」のデータ解析を元にした検査技術を採用。各栄養素毎の状態を高精度で把握可能な世界初のサービスであり、同解析によりビタミン、ミネラル、食事バランスを反映する複数の尿中バイオマーカーの同定に成功。より手軽で迅速な検査が可能となった。

スマホアプリによる手軽な即時検査

アプリで必要情報を入力し、テストペーパーに2秒間尿を浸し、そのペーパーをアプリ内カメラで撮影するという簡単な手順で検査結果が出る。

食事バランスを総合的にチェック

全部で26種類ある「ビタミン」「ミネラル」の総合的なバランスや肉・魚などの「動物性食品」と野菜・豆類などの「植物性食品」がバランスよく摂れているかなど、を10点満点で点数評価される。また前回との比較や簡単なアドバイスも表示され、実用性が高い。

相性のいい分野

医療
病気未満の不調をいち早く察知し、軽症患者の来院を減らすことで病院の運営を効率化
ビューティー
エステと連携し、自宅ケアアイテムと一緒に不足栄養素のサプリメントを提案
フード
飲食店や宿泊施設などと連携し、利用者に最適なバランスのメニューを提案
食育
アプリによる栄養バランスの過不足を可視化し、子供の好き嫌いをなくすようなゲームを作成
SDGs
途上国での個人別・迅速な栄養状況の判定

知財情報

主な知財ホルダー:株式会社ユカシカド

この知財は様々な特許や要素技術が関連しています。
詳細な情報をお求めの場合は、お問い合わせください。

知財ハンター

出村 光世 Mitsuyo Demura
Producer / Konel Inc.

1985年石川県金沢市生まれ。早稲田大学理工学部経営システム工学科卒。アート/プロダクト/マーケティングなど領域に縛られずにさまざまなプロジェクトを推進。プロトタイピングに特化した「日本橋地下実験場」を拠点に制作活動を行い、国内外のエキシビションにて作品を発表している。自然現象とバイオテクノロジーに高い関心がある。


知財ライティング: 丑田 美奈子