No. 182 May the Force be with you.

SWAPI (The Star Wars API)

CC BY 2.0 Hayden Christensen as Anakin Skywalker.jpg

SWAPI (The Star Wars API)は、映画「スターウォーズ」シリーズに関するデータを取得できる世界初のAPI。APIを使うだけで、劇中に登場する惑星、宇宙船、車、人物、写真、種族といった情報を、汎用的なデータフォーマット(JSON形式)で手に入れられる。これらのデータは、スターウォーズ百科事典「Wookiepedia(ウーキーペディア)」を含む多様なオープンリソースから収集されており、もちろん全7エピソードの情報を網羅している。スターウォーズファンにとっては夢のようなツールだ。

なぜできるのか?

ユーザーフレンドリーなあらゆるAPIを用意

複数のAPIが用意されており、ユーザーは自身のニーズや用途に応じてAPIを使い分けることで、効率的にデータを取得できる。APIには、Django REST(Representational State Transfer) Framework API、SWAPI GraphQL API などがある。

相性のいい分野

アート
スターウォーズ登場人物間のネットワーク分析で隠れた重要人物を再発見
アート
異なるエピソードの間で部分的にデータを交換し、文章自動生成AIによってハイブリッドな脚本を創作、アナキンがダークサイドに落ちないファンメイドB級映画「スターウォーズ エピソード∞」を制作
エンターテインメント
スターウォーズを全く知らない状態から、APIを自由に10回まで使える条件下でどれだけ「にわかファン」になれるかを競い合うコンペティション

知財情報

主な知財ホルダー: Paul Hallett

この知財は様々な特許や要素技術が関連しています。
詳細な情報をお求めの場合は、お問い合わせください。

知財ハンター

出村 光世 Mitsuyo Demura
Producer / Konel Inc.

1985年石川県金沢市生まれ。早稲田大学理工学部経営システム工学科卒。アート/プロダクト/マーケティングなど領域に縛られずにさまざまなプロジェクトを推進。プロトタイピングに特化した「日本橋地下実験場」を拠点に制作活動を行い、国内外のエキシビションにて作品を発表している。自然現象とバイオテクノロジーに高い関心がある。


知財ライティング: 小髙充弘