No. 205 毎日の健康管理をアップデートする「指輪型健康チェッカー」

Oura Ring

「Oura Ring」は、装着することで自身の健康管理の在り方を日々アップデートできる指輪型ウェアラブルデバイス。腕に装着するようなデバイスよりも軽量でありながら、体温・心拍数・呼吸数などの生体データを高精度で計測・記録できる。複数の計測機能の中でもOura Ringでは「睡眠トラッキング」の精度が特に高いとされるが、デバイスを使えば使うほど生体データが蓄積されるため、他の計測値に関しても精度向上が期待できる。加えて、装着者それぞれが基準値を設定するため、マニュアルの基準値との比較一辺倒とは対照的に、個人にとっての異常値を検知しやすいという特徴も持つ。人生100年とも言われる時代、人それぞれが無病息災に向けて自身をモニタリングするための新進気鋭の知財がOura Ringだと言えよう。

妄想プロジェクト

リアル反映型育成ゲーム

「リアル反映型育成ゲーム」は、指輪型のウェアラブルデバイス「Oura Ring」で読み取ったユーザーの生体情報に応じて、アバターが育つ仕組みの育成ゲームだ。例えば、不健康な生活ばかりしているとグロテスクなモンスターに、健康的な生活を送っていると妖精になる、という具合である。アバターの外見の変化を通して、自分の健康状態を客観的に確認できる。

また「リアル反映型育成ゲーム」は、一般の人々の平均データとも連動している。とにかく痩せたいと思っているティーンが実は既に痩せすぎなこと、不健康な自覚のないアラフォーが糖尿病になる直前であることも、アバターをみれば一目瞭然。アバターは自分の体の中からのリアルな声を届けてくれる頼れるパートナーになるだろう。

例えば、仕事で徹夜続きになって、体がボロボロのとき、あなたのアバターはゾンビのようになっているだろう。現実のあなたがいくら元気だと感じていても、騙されてはいけない。アバターが人間に戻るまで、しっかり休息をとるべきなのだ。


妄想家: 玉井友章 妄想画家: 未定

なぜできるのか?

指輪型デバイスに搭載された、複数のセンサー

Oura Ringはチタン製で軽い本体の内側に、赤外線光学式心拍数センサー(呼吸も測定可)・体温センサー・3D加速度センサーなどの複数の小型センサーが配置されている。本体は指輪として装着できるため、手首や腕に装着するようなデバイスと比べて正確なセンシングが可能となる(安静時心拍数の予測精度は99.9%)。

3つのステータスを算出し、長期的にトラッキング

3つのステータスが算出される:
1) 睡眠時間や睡眠効率などのデータによる“睡眠(Sleep)”、
2) 安静時の心拍・呼吸・体温等のデータによる“準備性(Readiness)”、
3) 毎日の歩数や活動状況等のデータによる“活動(Active)”
である。短期のデータ系列の比較によって算出されるのではなく、蓄積された個人データを基準値として算出されるため、長く使用するほど短期的な揺らぎによる影響が少なくなり、正確なスコアが出るとされる。たとえば、睡眠の質の悪さが翌朝のスコアに即時反映されるといったことは少ない。

アプリとの連携で、日々の健康管理をもっと手軽に

Oura Ringで取得した生体データは専用アプリ内で確認できる。アプリは人それぞれで異なる基準値からの異常をモニタリングしアドバイスするため、長期的な健康状態を見守ることができる。

相性のいい分野

介護
アプリ内のデータを他のデバイスにも共有し、遠くにいる高齢者の健康をチェックするシステム
FemTech
生理前の微妙な体温変化を検知して、事前にセルフケアを促すアラート
ヘルスケア
ベストな睡眠環境をデータから再現することで実施する、薬に頼らない不眠症治療プログラム

知財情報

主な知財ホルダー:Oura Health Oy

この知財は様々な特許や要素技術が関連しています。
詳細な情報をお求めの場合は、お問い合わせください。

知財ハンター

加藤 なつみ KatoNatsumi
Assistant Producer / Konel Inc.

群馬県富岡市出身。信州大学感性工学科主席卒業、イノベーション教育プログラムi.school修了生。人が持っている感性や想像力を引き出すものづくりを志し、プロダクトからサービスデザインまで、幅広く仲間と活動中。日本文化や美意識、感覚拡張、自然界の仕組みに高い関心がある。


知財ライティング: 丑田 美奈子