No. 271 オンライン診察でピルを処方するアプリ

smaluna(スマルナ)

smaluna(スマルナ)とは、生理や性の悩みを抱える女性ユーザーと医師を繋ぎ、オンライン診察でピルを処方するアプリ。医師から処方されたピルは最短で翌日に自宅へ配送される。365日診察を行っているため、仕事や育児等で病院へ行けない女性や緊急避妊薬を必要とする女性への支援が可能となる。また、オンライン診察の他にも、助産師や薬剤師による無料相談機能や、ユーザー同士で情報共有できるコミュニティ機能なども提供。心理的・物理的なハードルがあって医療へアクセスできない人の多い女性特有の悩みに対して、コミュニケーションも医療の一環と考え、気軽に話せる場を設けることでヘルスリテラシーの向上が期待される。

なぜできるのか?

オンラインを用いた遠隔医療

ICTの活用によって、24時間365日問診の受付が可能に。ピルは最短翌日に配送され、薬剤師や助産師への無料相談機能も提供されているため、個人のライフスタイルや健康状態に合わせた健康管理支援や未病対策などが期待される。

365日、医療資格保有者による医療相談対応

アプリ内に設けているスマルナ医療相談室では、助産師と薬剤師が生理や避妊に関する相談等を365日受け付けているほか、服薬指導も行なっている。また、処方医薬品における有効性・安全性についてのトラブルが発生した場合にも相談室を通じて情報収集や処方医へのフィードバックができる仕組みを実装。1日の平均相談件数は約500件、医療機関が休診する大型連休中には1日900件近くの相談がユーザーから寄せられ、それに対し平均6分41秒という速さで応じている。

定期処方サービス

毎回病院へ行って処方してもらうというハードルの高さから継続することは難しいが、定期便によってもらい忘れることなく続けられる。最初の配送時には「はじめてガイド」が送付され、服用中の不安もオンライン上ですぐに医師へ相談できるなど、個人の体に合わせて無理のない継続が可能となっている。

相性のいい分野

ヘルスケア
性の課題だけではなく、体調管理の一貫としてのピル処方
教育
性の悩みを抱える女性への個別支援や、ニーズの高い相談をもとにした性教育プログラムの開発
健康経営
月経困難症やPMS(月経前症候群)などの悩みを持つ社員向けにピルの服薬支援やオンライン相談を受け付けるほか、啓発コンテンツの提供やウェルネスセミナーの実施など、企業向けに多角的な健康支援を行う「スマルナ for Biz」

知財情報

主な知財ホルダー:株式会社ネクイノ

この知財は様々な特許や要素技術が関連しています。
詳細な情報をお求めの場合は、お問い合わせください。

知財ハンター

出村 光世 Mitsuyo Demura
Producer / Konel Inc.

1985年石川県金沢市生まれ。早稲田大学理工学部経営システム工学科卒。アート/プロダクト/マーケティングなど領域に縛られずにさまざまなプロジェクトを推進。プロトタイピングに特化した「日本橋地下実験場」を拠点に制作活動を行い、国内外のエキシビションにて作品を発表している。自然現象とバイオテクノロジーに高い関心がある。