No. 308 AI技術搭載の猫用スマートトイレ

toletta(トレッタ)

toletta(トレッタ)とは、腎臓・泌尿器疾患から猫を守るために開発されたAI技術搭載の猫用スマートトイレ。猫がトイレに入るとセンサーが感知し、体重や尿量、尿回数などの6つの健康指標を自動で計測しスマートフォンのアプリに連携。 計測されたデータは、トイレ1回単位で見られる「タイムライン表示」や、1ヶ月から3ヶ月単位の「グラフ表示」で確認できるため、 健康のバロメーターを簡単に把握できる。異常値が出た場合はアラート通知が届き動物病院での診察を促す仕様となっているため、病気の早期発見・疾患予防が期待できる。

なぜできるのか?

AIカメラで猫を識別

どの猫がトイレに入ったか、「AIねこ顔認識技術」搭載のカメラが識別するため、首輪や専用のタグは不要。複数の猫の健康管理が簡単にできる。

アラートと連携した異常検知システム

獣医師が開発したAIにより、健康データの異常値を検知した場合にはアラート通知が届く設計となっているため病気の早期発見・疾患予防が可能。データから予測される症状もあわせて通知され、動物病院へ行く際の相談・説明にも活用できる。

毎日記録ができるカレンダー・メモ機能

与えたフードの量や避妊・去勢手術後のダイエット記録、通院、投薬記録など、猫の健康管理に便利なカレンダー・メモ機能を搭載。写真も登録できるため、tolettaで自動撮影されたトイレの様子を細かくチェックすることができる。

相性のいい分野

教育・人材
動物の排尿と健康状態をデータベースに用いた獣医師の教材
医療・福祉
人間のトイレと組み合わせ、離れたところに住んでいる高齢者の健康を尿の状態から遠隔でサポートする「どこでも健康チェッカー」
旅行・観光
飼い主が家を離れていても安心してペットの健康状態を把握できるアプリケーション
生活・文化
赤ちゃんのおむつ替えのタイミングや尿の異常を通知するスマートおむつ台

知財情報

主な知財ホルダー:株式会社トレッタキャッツ

この知財は様々な特許や要素技術が関連しています。
詳細な情報をお求めの場合は、お問い合わせください。

知財ハンター

清水 菜月 Natsuki Shimizu
Writer / 知財図鑑

埼玉県さいたま市生まれ。高校卒業後に入社したメディア運用会社ではSEOライターとして法律コラムからペットフードの食レポなど幅広いジャンルの記事を執筆した他、広報や企画クリエイティブを担当。現在は知財図鑑でライターとして活動中。SNSをこよなく愛し、主にTwitterやInstagramで“映える知財”を日々探している。


知財ライティング: 清水菜月