知財図鑑

未来をつくる手段が見つかる。

知財図鑑

No.10

2019.12.11 Upload

国際宇宙ステーションによる落雷観測データ

ISS落雷オープンデータ

ISS
引用元: https://www.istockphoto.com/jp

概要

ISS LIS Data Sets(International Space Station Lightning Imaging Sensor Data Sets) は、ISS(国際宇宙ステーション)から落雷画像センサー(以下LIS)を用いて落雷を観測・データ化し、研究・開発目的で公開されているオープンデータである。ただし観測域は熱帯・中緯度エリアに限られる。

実現事例 実現プロジェクト

雷玉

PROJECT UN「雷玉」

地球上で観測された落雷を実際に放電することにより、ほぼリアル再現する地球儀型の家電。何にもコントロールされない「不規則」な現象を生活に取り入れるために開発されたプロトタイプ。

なぜできるのか?

日中でも1ミリ秒単位で計測のできるLIS

ISSに搭載されているLISは雲内および雲・地上間の落雷を昼夜問わず1ミリ秒単位で測定することが可能である。広域なレンズにCCDイメージセンサーとフィルタを組み合わせ、雷を観測することに最適化されている。搭載されているプロセッサにより、日中の明るい時間でも背景イメージを除去することが可能であるため、弱い雷であっても最大90%まで検出することができる。

相性のいい産業分野

IT・通信

落雷データを利用した様々なIoTデバイスの開発

生活・文化

落雷の発生を検知し、付近の住人への注意喚起

農業・林業・水産業

落雷データを含む気象情報を用いた生産管理

アート・エンターテインメント

落雷データを用いた体験・インスタレーション作品の開発

この知財の情報・出典

この知財は様々な特許や要素技術が関連しています。
詳細な情報をお求めの場合は、お問い合わせください。