知財図鑑

未来をつくる手段が見つかる。

知財図鑑

No.333

2021.05.21 Upload

短時間・低コストで住宅をつくる商業建設用3Dプリンター

Vulcan Ⅱ(バルカンツー)

icon

概要

Vulcan Ⅱ(バルカンツー)とは、安価な3Dプリント住宅を形成できる建築用3Dプリンターである。オペレーティングシステムにより、基本的なトレーニングさえ積めば少人数でも建築できるほか、プリント可能な領域が広く、建築速度も速い。また、造形材料の強度が既存の建築材料より高いことも特長。短時間で低コストの質の高い住宅を供給できるため、貧困地域の住宅問題の解決や被災地などでの活用が期待される。

なぜできるのか?

高いプリント能力

高さ8.5フィート(約2.6m)・幅28フィート(約8.5m)のプリント可能領域、水平方向に毎秒5~7インチ(12.7~17.8cm)の高速3Dプリントを実現。

既存の建築材料を超える強度

造形材料は、ポルトランドセメント(コンクリートの原料となるセメントの一つ)をベースとしたICONオリジナル混合セメントを使用。既存の建築材料の強度をはるかに超える6,000 psi(pound-force per square inch)の圧縮強度を持ち、費用対効果の高い住宅がプリント可能。

少人数での建築を可能にするオペレーティングシステム

フロアプランをプリント可能な構造に変換するオペレーティングシステムにより、高度な専門知識がなくても、小規模なチーム(4~6人)が基本的なトレーニングを積めば、3Dプリント住宅を建築できる。

相性のいい産業分野

旅行・観光

建設コストのかかる山奥や辺境の観光地に簡易な施設を建築

食品・飲料

材料をお菓子にして食べられる家を製作

教育・人材

建築の授業で設計した家を実寸大で製作

住宅・不動産・建築

被災地や難民キャンプなど迅速に住宅が必要な現場での建築作業

この知財の情報・出典

この知財は様々な特許や要素技術が関連しています。
詳細な情報をお求めの場合は、お問い合わせください。