No.383

2021.08.02

スマートフォンで操縦できるリアル鳥型ドローン

MetaBird(メタバード)

MetaBird(メタバード)

概要

MetaBird(メタバード)とは、スマートフォンで操縦することの出来る鳥型ドローン。バイオミメティクス(生物模倣技術)によって鳥の羽根の動きを忠実に再現しており、まるで本物の鳥を操っているような感覚を楽しむことができる。うまく飛ばすには、羽の微調整や操縦の練習が必要だが、上達する感覚も楽しみの一つになるだろう。鳥の形態や仕組みを取り入れたMetaBirdの技術は、自然の中で最適化された形とプロセスをテクノロジーに活かすバイオミミクリーの実用化例としても注目されている。

なぜできるのか?

バイオミメティクスによる羽ばたきの再現

MetaBirdは、バイオミメティクス(生物模倣技術)によって鳥の形だけでなく羽根の動きまでも忠実に再現。また、モーターによる駆動音を最小限に抑えることで、野生の鳥が近づいてくるほどにリアルな鳥型ドローンを生み出した。

小型軽量で機能的なデザイン

MetaBirdの翼には、カーボン・ファイバーや液晶ポリマー(LCP)などの軽くて丈夫な特徴を持つ素材を使用。本体の重さはわずか9.5 gであり、本物の小鳥と同程度の大きさなので簡単に持ち運びできる。通信は最大150 m範囲まで可能で、時速5~20 kmで範囲内を自由に飛ばすことが可能。 

スマートフォンアプリによるシンプルな操作

MetaBirdの操作は、コントローラーではなく専用アプリ「BIONICBIRD」をインストールしたスマートフォンで行う。操作方法は、スマートフォンを傾けて飛ばす「直感操縦モード」と、スマートフォンの画面で操縦する「ジョイスティックモード」があり、自由に選択できる。

相性のいい産業分野

環境・エネルギー

小型カメラを取り付けて自然の中の生き物たちの日常やを観察・調査

生活・文化

絶滅してしまった鳥類の動作データを取り込みリアルに再現

教育・人材

さまざまな種類の鳥を制作して飛び方や生態の違いを体験学習

アート・エンターテインメント

鳥型ラジコンとして自然の中で行うレースイベント

この知財の情報・出典

この知財は様々な特許や要素技術が関連しています。
詳細な情報をお求めの場合は、お問い合わせください。

広告