No.389

2021.08.11

脳波を用いたネコミミ型のコミュニケーションツール

necomimi(ネコミミ)

necomimi(ネコミミ)

概要

necomimi(ネコミミ)とは、猫耳で自分の気持ちを表現できる、脳波を用いたコミュニケーションツール。内蔵センサーで脳波を読み取ることで、「リラックス」や「集中」といった脳の状態を計測し、それらを猫耳の動きと音で表現する。necomimiを用いた自己表現は、非言語でのコミュニケーション手段としてだけでなく、今まで自覚することが難しかった自分の状態を客観的に理解することにも活用できる。付けるだけで誰でも可愛らしく見えてしまうnecomimiは、普段のコミュニケーションをより和やかで、優しいものにしてくれるだろう。

necomimi(ネコミミ)

なぜできるのか?

センサーによって脳波を計測し猫耳で気持ちを表現

頭に装着後、額と耳部分に搭載されたセンサーによって脳波を計測。言葉よりも早くユーザーの気持ちを察知し、それらを猫耳の動きや音によって表現する。

状態に応じたネコの効果音を再生

necomimiのデバイスにはスピーカーが搭載されており、集中しているときは「ニャッ」、リラックスしていれるときは喉を鳴らす「ゴロゴロ…」など、状態に応じた効果音が流れる。動きだけでなく音でも気持ちを表現するため、鏡を見なくても自分自身の状態を知ることができる。

和やかなコミュニケーションを促進

猫耳のカチューシャを装着すると誰もが可愛らしく見えるので、自然とコミュニケーションを楽しく和やかなものにしてくれる。また、耳の部分は取り外し可能でいろんな種類の耳に付け替えながら楽しむこともできる。

相性のいい産業分野

生活・文化

運転や在宅ワーク中に休憩の目安として自分の状態を確認

メディア・コミュニケーション

赤ちゃんの精神状態を可愛い仕草で教えてくれるウェアラブルデバイス

アート・エンターテインメント

気の緩みを鳴き声で知らせる猫耳座禅

教育・人材

相手の気持ちを推し量る力を養うコミュニケーショントレーニング

この知財の情報・出典

この知財は様々な特許や要素技術が関連しています。
詳細な情報をお求めの場合は、お問い合わせください。

広告