No.399

2021.08.23

CO2濃度がどこでも測れる超小型装置

USB型CO2濃度センサー MT-200H

画像・予備

概要

USB型CO2濃度センサーMT-200Hとは、USBタイプのCO2測定装置である。PCやスマートフォン等電子機器とのUSB接続により、会議室や外出先でもCO2濃度を簡単に測定できる。ポケットサイズで重さ約17gと、CO2濃度測定器としては世界最小クラス。USB型にすることで使用シーンを制限するコンセントを不要にしている。また長期間の測定や測定結果の履歴保存も可能。USB型CO2濃度センサーは、密になると上昇するCO2濃度を把握することでウイルス感染症対策に貢献するうえ、CO2濃度データを用いた眠気対策や農産物の成長促進など、様々な分野での活用が期待される。

なぜできるのか?

非分散型赤外線式による高精度なCO2測定

非分散型赤外線式(NDIR式)とは、ガスの特性に応じて特定波長の赤外線が吸収される現象を利用し、赤外線透過量からCO2濃度を検知するセンサー技術の1つ。特定ガスのみを感知し、精度の高い測定を可能とする。長所として、長寿命と高い測定信頼度があげられる。

広い測定可能範囲

CO2濃度の測定範囲は、0~10,000ppm(parts per million:100万分のいくつかを示す)で、内閣府が定めるCO2濃度基準の1,000ppmを超え広く測定可能。測定範囲を4段階(1,000未満/1,000〜1,999/2,000以上/3,000以上)に分け、本体のLEDライトの色で濃度レベルを表示する。

CO2測定結果のデータ保存

PC接続により、USBが捉えたCO2濃度をCSVデータで管理することができる。専用ソフトの使用でグラフ化・可視化も可能。USB型CO2濃度センサーを通じて、長期間の安定した測定履歴の保存ができるため、CO2濃度データの変化把握や分析への活用を実現する。

相性のいい産業分野

医療・福祉

医療や介護の施設でのCO2濃度の上昇を防止

教育・人材

集中力を維持するための空気入れ替え目安の提供

農業・林業・水産業

ビニールハウスや植物工場での最適なCO2濃度の算出と提供

流通・モビリティ

車内のCO2濃度を計測し眠くなるまえに警告するアラートの開発

アート・エンターテインメント

CO2濃度とペンライトを連動させ、盛り上がっているライブの様子を可視化

この知財の情報・出典

この知財は様々な特許や要素技術が関連しています。
詳細な情報をお求めの場合は、お問い合わせください。

Top Image : ⓒ 株式会社 ELT SENSOR

広告