No.470

2021.10.29

AI技術を活用した漫画の自動着色システム

Petalica Paint for Manga

 

概要

「Petalica Paint for Manga(ペタリカ・ペイント・フォー・マンガ)」とは、AI技術のひとつであるディープラーニングを用いた漫画の自動着色システム。現在、日本の漫画の海外展開が本格化しているが、カラー漫画がスタンダードな海外の漫画文化への進出にはカラーリングの作業が必要となる。しかし、モノクロ漫画を着色するには時間やコスト、手間がかかるため、漫画家への負担が大きい。「Petalica Paint for Manga」では制作時間やコストを削減しながらカラーリング作業を行うことが可能となり、日本の漫画産業のさらなる海外展開に繋がることが期待されている。

sub1

なぜできるのか?

作業の効率化を実現する自動着色機能

Petalica Paint for Mangaでは、参照画像と線画ファイルをアップロードし、範囲を選択するだけでAIが自動着色を行う。自動着色を繰り返すことでAIの精度も向上する。従来のカラーリング作業はイラストソフトを使用する技術を持つ人にしかできない作業であり、1キャラクターあたり数時間〜数十時間の制作時間がかかっていたが、Petalica Paint for Mangaを使用することでイラストソフトの技術を持たない人でも作業が可能となるだけでなく、作業時間は50%以上短縮されるという。作業品質の均一化が促進されるため、クリエイターはその他のクリエイティブな作業に集中することができる。

AIとの分担作業による漫画の品質の向上

Petalica Paint for Mangaでは、自動で着色された結果に対して、細かな調整を加える「カラーヒント機能」や、自動で「髪・服・肌・目・背景」などの要素をレイヤー分けしてAdobe Photoshop画像(PSD)形式データとして書き出す機能が搭載されている。そのため、下塗りに自動着色を導入し、仕上げは各編集ソフトを活用したり自ら修正したりすることができ、作業時間を短縮しながらも細部へのこだわりを反映させることが可能となる。

相性のいい産業分野

AI

漫画の自動着色によるカラーリング作業の効率化

生活・文化

モノクロ漫画のカラーリングによる海外展開の促進

教育・人材

デジタルの色彩や画像処理を学ぶ教育プログラム

アート・エンターテインメント

モノクロのイラストを着色して遊ぶ「デジタルぬり絵」

この知財の情報・出典

この知財は様々な特許や要素技術が関連しています。

詳細な情報をお求めの場合は、お問い合わせください。

Top Image : © ピクシブ株式会社

広告