No.618

2022.03.01

自己冷蔵型クラウドベースの配送ボックス

Ember Cube(エンバーキューブ)

ember cube 1

概要

「Ember Cube(エンバーキューブ)」とは、自己冷蔵型の輸送用保冷ボックス。温度・湿度の情報とGPSの位置情報をクラウドで共有することで、輸送中の情報を追跡することができる。従来、医薬品等の輸送には保冷剤や発泡スチロールが用いられており、輸送品質が距離や気候条件に左右されることが多かった。一方「Enber Cube」は、内部を常に摂氏2~8度に保ち、返却後は倉庫で充電することで再利用できる。輸送廃棄物を削減し、医薬品等のスムーズな低温物流に貢献する知財として期待されている。

emberhealth cube charging 2000x

なぜできるのか?

Ember独自の温度管理技術

「Ember Cube(エンバーキューブ)」には保温機能付きスマートマグカップの開発で培ったEmberの技術を応用。真空断熱設計で、内部に設置されたゲルパックによりボックス内を低温に維持する。

優れた耐衝撃性

「Enber Cube」の外装には、ヘルメットに用いられるEPP (発泡ポリプロピレン)を使用。輸送時の衝撃を吸収する。

輸送物の情報をリアルタイムで追跡可能

内部にはGPSと無線通信システムが組み込まれており、輸送物の位置、温度、湿度をリアルタイムで確認できる。

ワンタッチで返送ラベルを生成

配送後は、本体背面の「Return to Sender(送り主へ返却)」ボタンを押すことで運送業者に自動で集荷を依頼。返送ラベルを自動生成しディスプレイに表示する。

相性のいい産業分野

流通・モビリティ

廃棄物を削減して、位置情報と品質をリアルタイムに把握できるスマートな輸送

資源・マテリアル

配送用の箱をリユースし輸送廃棄物を削減

医療・福祉

輸血用血液製剤の輸送に活用

食品・飲料

生鮮食品を鮮度を維持したまま輸送

ロボティクス

保冷機能を搭載した配送ロボット

この知財の情報・出典

この知財は様々な特許や要素技術が関連しています。
詳細な情報をお求めの場合は、お問い合わせください。

Top Image : © Ember Technologies, Inc.

広告