No.719

2022.06.03

まるごとリサイクルできる再生プラスチック製のビニール傘

サステナブレラ

img tic 02 pc

概要

「サステナブレラ」とは、再生プラスチックを素材に使用したサステナブルな傘。金属を一切使用せずオールプラスチックのシンプルなデザインで耐久性と安全性に優れ、長期間使用できる。日本での一般的な傘の消費は、年間6,000万本、1日当たり約10万本以上が廃棄されていると言われているが、金属やプラスチックの複合材が接着剤や針金で頑強に取りつけられているため分解が困難でリサイクルに向かず、そのほとんどが埋め立て処理されてきた。一方、「サステナブレラ」は金属を一切使用していないため、容易にリサイクル可能。人と環境に配慮した傘として活用が期待されている。

16815-245-a1e4a7895f6ddf5fbcba8abbe8ea4e48-1200x630

16815-245-c06dadcc7ffe0b9c3946a9bab737b2b4-3900x2601

なぜできるのか?

環境に配慮したリサイクル素材「CirculeX」を使用

「サステナブレラ」の傘生地とハンドル部分には、株式会社TBMが提供する、使用済みプラスチック等を原料とした再生材料を50%以上含んだ新素材「CirculeX(サーキュレックス)」を使用。リサイクル素材を積極的に採用することで、環境負荷の軽減に貢献する。

風に強く長持ちする構造

骨部分には、伸縮性や耐久性に優れた強化プラスチックを使用。秒速15メートルの風速でも耐えうる強度を持つほか、金属を使用していないため一般的なビニール傘とは異なり錆びることなく長く使える。

安全性の高いデザイン

「サステナブレラ」の石突(いしづき)には、プロダクトデザイナー・柴田文江氏のデザイン設計を採用。万が一人に当たった場合でも傷つけることのない安全なフラット設計となっている。

相性のいい産業分野

環境・エネルギー

「サステナブレラ」を使うことで傘のリサイクルを促進し環境負荷を軽減

生活・文化

「サステナブレラ」を使うことでプラスチックの循環型社会の促進に貢献

製造業・メーカー

再生プラスチック製の耐久性に優れたテント

資源・マテリアル

生分解性プラスチック製の埋め立てできるビニール傘

この知財の情報・出典

この知財は様々な特許や要素技術が関連しています。
詳細な情報をお求めの場合は、お問い合わせください。

Top images:© 株式会社 サエラ

広告