No.731

2022.06.15

見る角度により色彩がエフェクトするアルミニウム顔料

CHROMASHINE(クロマシャイン)

df483984-e4c2-4db1-a321-db52e5c0ee46-x2

概要

「クロマシャイン」とは、光の反射により、見る角度でさまざまな色彩を見せる顔料。顔料の素材として微細なアルミニウムフレークを使用することで、着色剤を用いず、光の干渉・分光によるシャボン玉や貝殻のような色彩変化を実現した。また「クロマシャイン」は、素材の透明度が低いため、下地が透けることで起こる塗装ムラが起こりにくく、塗装面の傷や変色が目立ちにくいのが特徴。自動車の塗装や携帯電話のカバーなど、さまざまなプロダクトへの活用が期待されている。

なぜできるのか?

構造発色による鮮やかな色彩

開発元の東洋アルミニウム株式会社は、「クロマシャイン」の製造にあたり、モルフォ蝶の羽や貝殻に存在する「構造発色」を応用。これは、物質に光が当たり、特定の波長だけが反射・強調されることで色彩が発現する技法で、これにより鮮やかな発色を実現できた。

アルミニウムと銀により強い輝きを実現

「クロマシャイン」では、反射率が高い材料であるアルミニウムと銀メッキを使用。アルミニウムフレークの表面をシリカ(二酸化ケイ素)層で覆い、その上に金属の粒子でメッキ加工を施した。銀メッキ層とアルミニウム表面の反射光の光路(光学距離)の差により、高輝度を実現した。

鮮やかさを長期間保持

「クロマシャイン」は、耐候性・耐薬品性・耐腐食性に優れ、鮮やかな光彩色と光沢を長期間保つ。そのため、さまざまなプロダクトの塗装に活用できる。

多様な塗料と混合可能

「クロマシャイン」は、高い耐溶剤性を有する。そのため、ウレタン塗料だけでなく、ラッカー塗料やアクリル塗料など、さまざまな塗料への混合ができる。

相性のいい産業分野

製造業・メーカー

自動車の車体に塗装し、見る角度で色合いの変化するスタイリッシュなデザインを実現

アート・エンターテインメント

「クロマシャイン」で描かれた幻想的な絵画作品

スポーツ

スポーツ競技のボール塗料に使用し光による変色でゲームの盛り上がりを演出

生活・文化

食器や陶器に加飾し食卓を光と色の変化で演出

この知財の情報・出典

この知財は様々な特許や要素技術が関連しています。
詳細な情報をお求めの場合は、お問い合わせください。

Top images:© 東洋アルミニウム 株式会社

広告