No. 019 木から生まれたアルコール

木材の発酵技術

この技術は、木を発酵させてアルコールを抽出する技術だ。アルコールを造るには、原料に含まれている糖を酵母が分解するアルコール醸造というプロセスを踏む必要があるが、木は糖を含んでいるが固い細胞壁が邪魔をし、アルコールを製造することは難しかった。湿式粉砕処理を使った技術のおかげで、木の糖を抽出させて醸造することが可能となった。今後、様々な木の特徴を表現した「木のお酒」が製造できる可能性がある。

知財情報

この知財は様々な特許や要素技術が関連しています。
詳細な情報をお求めの場合は、お問い合わせください。

知財ハンター

Konel
Konel
/ Konel inc.

Konelはデザインとテクノロジーを融合させてフィールドを定めず制作を行う多国籍クリエイティブカンパニーです。