No. 092 指紋、静脈、脈波を同時取得する世界初のセンサー

極薄シート型イメージセンサー

本知財は、生体認証に用いられる指紋や静脈、バイタルサインの1つである脈波を測定する1枚のシート型イメージセンサー。生体情報と生体信号を同時に取得することができるため、安全性の高い認証システムを構築することができる。また、シート自体が薄型で曲がるためウェアラブル機器への組み込みが容易で、ユーザーの生体認証と同時に健康状態を計測・紐づけることやなりすましの防止など、セキュリティを求められる場面での活用が期待されている。

なにがすごいのか?

  • 世界で初めて、1枚のシート型イメージセンサーで指紋、静脈、脈波の3つを同時測定
  • わずか15マイクロメートル(0.015ミリメートル)の薄さを実現
  • 高解像度と高速読み出しを両立

なぜ生まれたのか?

日本社会の超高齢化が急速に進む中、高騰する医療費を抑制しつつ、いかにしてQuality of Life(QoL)を高めるかが喫緊の課題となっている。この課題の解決に向けて、ウェアラブルデバイスといった新技術による生体情報の取得とその活用への期待が高まっている一方、多くのウェアラブル機器が病院や福祉施設で利用される際の患者の取り違えなどのリスクを低減する必要が発生する。そのため、ユーザーの生体認証と同時にバイタルサインを計測することが急務の課題となっていた。

従来のシート型イメージセンサーでは、高解像度撮像と高速読み出しの両立は実現できなかったが、本知財では、高効率の有機半導体を感光層にした光検出器と低温ポリシリコン薄膜トランジスタのアクティブマトリックスを用いた高速の読み出し回路を高密度に集積して作製されているため、1枚のシート型イメージセンサーで、静的な生体認証データと動的なバイタルサインを計測することが可能。指先をかざして情報を読み取る据え置き型と、手首などに貼り付けるウェアラブルとして活用できるフィルム型が発表された。

なぜできるのか?

指紋、静脈、脈波の3つを同時に測定

高感度な有機光検出器と高移動度の低温ポリシリコン薄膜トランジスタとを集積化することで、高解像度と高速読み出しを両立している。その結果、高解像度が必要な生体認証向けの指紋や静脈の撮像と、高速読み出しが必要な脈波の分布計測を1つのイメージセンサーで計測可能。

極薄で超軽量なデザイン

わずか15マイクロメートル(0.015ミリメートル)と極薄なデザイン。手首などに貼り付けるフィルム型タイプは装着感がなく気軽に身に着けられるので、子供から大人までシーンを選ばず幅広く利用できる。

相性のいい分野

セキュリティ
高精度な生体認証による、なりすましや偽造の防止
医療
問診票に記入することなく即座に個人を認証
トラベル
即時に個人を認証し、税関での待ち時間を軽減
オフィス
認証システムによる従業員の出勤管理

知財情報

主な知財ホルダー:ジャパンディスプレイ(JDI)、東京大学大学院工学系研究科染谷研究室

この知財は様々な特許や要素技術が関連しています。
詳細な情報をお求めの場合は、お問い合わせください。

知財ハンター

Mitsuyo Demura
出村 光世 Mitsuyo Demura
Producer / Konel Inc.

1985年石川県金沢市生まれ。早稲田大学理工学部経営システム工学科卒。アート/プロダクト/マーケティングなど領域に縛られずにさまざまなプロジェクトを推進。プロトタイピングに特化した「日本橋地下実験場」を拠点に制作活動を行い、国内外のエキシビションにて作品を発表している。自然現象とバイオテクノロジーに高い関心がある。


知財ライティング: 阿久根 聡子