No. 157 “瞬間移動”を可能にする次世代の社会インフラ

avatarin(アバターイン)

avatarin(アバターイン)は、“物理的距離と身体的限界をゼロにする”をコンセプトに、アバターロボットに遠隔からログインすることで移動可能な視覚をともなう様々な活動を行うための技術。従来のバーチャル上で完結したり操作側のリテラシーが必要なアバターとは異なり、操作場所や肉体の能力に関係なく誰もがアクセスできる「社会インフラ」を目指す点が特徴的である。今後、様々なタイプのアバターロボットが誕生することにより、教育・医療・ビジネス・エンターテインメントなど生活に関わることすべてに応用可能であり、多くの実証実験が行われている。

なにがすごいのか?

  • 物理的な距離と身体上の制約を超える幅広い体験を提供
  • アバターを社会インフラとして捉え、幅広い活用を想定
  • 操作する側に特別なハードウェアや技術が不要

なぜ生まれたのか?

アメリカの財団主催のコンペでグランプリを得たアイディアが元となり、航空会社のANAが飛行機事業を超える移動概念を求めて事業化を進め、2020年にavatarin株式会社を創業。普及型アバターロボット「newme」などの開発と合わせ、アバターにアクセスする技術を開発。遠くにいる家族に会えたり、身体の不自由な人がスポーツを楽しんだりという体験が可能になる世界を目指す。2020年5月には宇宙アバター事業創出に向けて、国際宇宙ステーションにて「space avatar」の実証実験も開始された。

実現プロジェクト

OriHime-D(オリヒメディー)

OriHime-D(オリヒメディー)は、日本財団・ANA AVATARの協力の元で開発された、テレワーカーでも遠隔操作で接客や運搬といった身体動作を行える分身ロボット。カメラ・マイク・スピーカーを搭載した全長約120cmの機体は前進後退・旋回の移動能力を持ち、上半身には14の関節用モーターを内蔵している。テレワーカーはインターネット経由で操作することで、ものを掴んで運んだり、自由に作成したモーションを再生したりすることができる。これにより、カフェでの接客やビル内での案内、作業現場での指示出しといった、身体を動かす必要のある業務が遠隔でできるようになる。また、難病と闘う子供の遠隔教育、ALS(筋萎縮性側索硬化症)患者のコミュニケーション・就労支援としての活用も期待されている。

相性のいい分野

フード
味覚を再現する知財(No147 味覚センサーレオ)と組み合わせ、遠く離れた名店の食事が楽しめるアバターレストラン
ウェルビーイング
遠くで暮らす高齢者の行動観察や居住環境の確認をする、実家見守り
建築
超小型化したアバターロボットを操作し、小動物や昆虫の目線から世界を見られる教材
エンターテインメント
ドローン型のアバターに入り込むことで、自由な視点で楽しむ空中散歩
観光
通常の観光では訪れることができない、海底や火山口、雪原といった極限地域へのアバタートリップ

知財情報

主な知財ホルダー:avatarin株式会社

この知財は様々な特許や要素技術が関連しています。
詳細な情報をお求めの場合は、お問い合わせください。

知財ハンター

丑田 美奈子 Minako Ushida
Writer / Konel Inc.

1982年神奈川県相模原市生まれ。ライター・プロデューサー・バックオフィサーの顔を持ち、活字と音楽をこよなく愛する。別名・最もテクノロジーから遠い超文系知財ハンター。彼女の琴線に触れる知財とはすなわち万人に届きやすい知財であることを意味する。未来を作る教育関連の知財や食関連など、実用性が高く生活に密着する知財を日々探している。