「分身ロボットカフェ」の常設実験店が東京・日本橋にオープン——難病や重度の障害を持つ外出困難者が遠隔で接客

分身ロボット「OriHime」(オリヒメ)の開発・提供を手掛ける株式会社オリィ研究所は、難病や重度の障害で外出困難な人がロボットを操作して接客を行う「分身ロボットカフェDAWN ver.β(ドーン バージョンベータ)」の常設実験店を東京都中央区日本橋の東硝ビルにオープンする。グランドオープンは2021年6月21日(月)、一般向けの営業開始は6月22日(火)。株式会社オリィ研究所は本カフェのグランドオープンにあわせ、2021年5月に同ビルに本社移転を予定している。

分身ロボットカフェとは、「人類の孤独を解消する」をミッションに掲げる株式会社オリィ研究所が主宰する実験カフェ。
重度肢体障害者・難病患者、海外在住者など外出・移動が困難な人々が、分身ロボット「OriHime」「OriHime-D」を遠隔操作し、オーダーや配膳、会話などの接客を行う。

今回オリィ研究所が本社及び常設実験店を構えるのは、三井不動産株式会社が地域の人々と協働しながら街づくりを進めている「日本橋EASTエリア」。2021年4月に開業したアートホテル「BnA_WALL」や新たなインスタスポットとして人気の「COMMISSARY」など注目ディスティネーションが次々にオープンしている同エリアの中でも、WESTエリアとも接する東硝ビル1F(※2021/5/1~「日本橋ライフサイエンスビルディング3」に改称予定)というEASTエリアの玄関口に位置している。

「分身ロボットカフェDAWN ver.β」の常設実験店は、分身ロボット「OriHime」「OriHime-D」による接客サービスのほか、新たに川田テクノロジーズ株式会社とカワダロボティクス株式会社が共同開発中の、遠隔操作による手先を使った作業を可能にした分身ロボット「テレバリスタ OriHime×NEXTAGE」を初導入する。

病気や怪我によってこれまで就労を諦めていた人々が、ロボットを介した新たなコミュニケーションによって自分らしく社会と繋がり働ける方法を開拓することが期待されている。

【店舗営業情報】
<店舗名>「分身ロボットカフェDAWN ver.β」
<開業日>グランドオープン:2021年6月21日(月)12:00〜※関係者及びプレスのみ入場可/一般営業開始:2021年6月22日(火)10:00〜
<営業時間>10:00〜19:00(LO18:30)※OriHimeが接客する席の営業時間は店舗全体の営業時間と異なる場合があります。
<定休日>不定休(メンテナンスによる休業の場合は公式サイトなどで告知)
<住所>〒103-0023 東京都中央区日本橋本町3丁目8−3 東硝ビル1F(※2021/5/1~「日本橋ライフサイエンスビルディング3」に改称予定)
<最寄駅>東京メトロ日比谷線小伝馬町駅徒歩4分/JR総武線新日本橋駅 5番出口すぐ/東京メトロ銀座線三越前駅徒歩7分/JR山手線神田駅徒歩10分
<公式サイト>https://dawn2021.orylab.com/