No.397

2021.08.19

遠隔・自律のハイブリッド型警備ロボット

ugo(ユーゴー)

ugo

概要

「ugo(ユーゴー)」とは、2本のアームと高さ調整により遠隔で様々な業務を行うことができるアバターロボットである。遠隔操作と自律操作をハイブリッドで組み合わせることができ、双方の利点を併せ持つことが大きな特徴。現在は立哨や巡回など、施設警備における基本業務を警備員から代替しており、コスト削減・接触削減に貢献している。将来的には警備領域にとどまらず、人材不足に悩む様々な業界での利用が期待される。

なぜできるのか?

遠隔操作と自律操作の組み合わせ

ugoの頭上に設置された高さ調節のできる俯瞰カメラにより、遠隔操作が可能。一方、ルート巡回などは場所を指示するだけでugoが自動で移動し自律的に対応する。

2つのアームを搭載

施設警備において必要なエレベータの操作を2つのアームで行う。従来はエレベータの管理システムとロボットのシステム連携が必要だったが、ugoの場合はアームが物理的な操作を行うため、システム連携が不要。これにより連携にかかる初期投資も不要となるため、導入コストを下げることに繋がった。

一元管理プラットフォームとの連携

警備業務を一元管理できる情報プラットフォームである「T-Spider」と連携。複数のロボットの遠隔操作や運用管理だけでなく、データベースで運用情報を共有、警備の報告書を作成したり、オンラインで確認したりできる。

相性のいい産業分野

教育・人材

アバターによる労働コスト削減と、体が不自由な人でも遠隔で参画できる雇用機会の創出

医療・福祉

感染症の流行地域や紛争地域での医療行為を補助

旅行・観光

観光客向けの駐車場での案内や街歩きの補助業務

アート・エンターテインメント

イベント会場等での列整理、混雑緩和のための案内

生活・文化

利用者宅にロボットを設置し、専門のオペレーターが遠隔操作をする家事代行サービス

この知財の情報・出典

この知財は様々な特許や要素技術が関連しています。
詳細な情報をお求めの場合は、お問い合わせください。

広告