No. 275 空気から飲料水を生み出す熱交換技術

GENius(ジーニアス)

「GENius(ジーニアス)」は、空気中の水分から高品質な飲料水を作り出す熱交換技術。フィルターを通して浄化された空気中の水分を、凝縮させることで新鮮で清潔な飲料水を精製する。任意のサイズに調整可能であるため、今まで多かった家庭用ウォーターサーバー型AWG※だけでなく、村や工場専用の大型AWGからドライバーに飲料水を提供する自動車用AWGまでさまざまなサイズ・用途のAWG製作に用いることができる。将来的には、ボトル容器や水道インフラを必要とせずにどこでも高品質な水を飲むことができる環境をつくる技術として、SDGsの観点からも注目を集めている。

※Atmospheric Water Generatorの略称で、空気から水を作ることができる装置のことをさす。

空気中に含まれる水分から飲料水を作り出す。

なぜできるのか?

任意のサイズに調整可能な構造

「GENius」は、スケーラブルでカスタマイズが容易な技術であり任意のサイズに構成できる。あらゆる生産規模に合わせて構成することで、自動車内用の取り付け型AWGといった今までにない製品を生み出すことを可能にしている。

有害な物質を発生させない親水性ポリマーコーティング

熱交換器の表面には、親水性ポリマーコーティングが施されており水を弾く仕様になっている。このコーティングによって、精製された水を汚すことがなく清潔な飲料水を生み出すことができる。

さまざまな場所で使用可能な生産効率性

「GENius」は、温度15~40 ℃、湿度25 %以上の気候条件下であれば、わずか0.3 kWhの電力量でおよそ1 Lの飲料水を生産することができる。そのため、水不足に悩む地域から小さなオフィス内まで、さまざまな場所での使用が可能である。

相性のいい分野

アウトドア
公園やアウトドア施設での清潔な水の提供
ライフスタイル
一人分の1日の飲料水を精製する卓上型AWG
スポーツ
ランニングコースに常設してこまめな水分補給をサポート
医療
空気中から精製した清潔な水で精密機器を自動洗浄

知財情報

主な知財ホルダー: Watergen Inc.

この知財は様々な特許や要素技術が関連しています。
詳細な情報をお求めの場合は、お問い合わせください。

知財ハンター

丑田 美奈子 Minako Ushida
Writer / Konel Inc.

1982年神奈川県相模原市生まれ。ライター・プロデューサー・バックオフィサーの顔を持ち、活字と音楽をこよなく愛する。別名・最もテクノロジーから遠い超文系知財ハンター。彼女の琴線に触れる知財とはすなわち万人に届きやすい知財であることを意味する。未来を作る教育関連の知財や食関連など、実用性が高く生活に密着する知財を日々探している。


知財ライティング: 佐藤拓海