No. 213 高速移動物体のリアルタイム認識テクノロジー

高速カメラ物体認識技術

本技術は、高速移動する物体でも、動きを止めずにリアルタイムで認識することのできる高速カメラ物体認識技術である。1000fpsのような高フレームレートで撮影できる高速カメラと、高速軽量な画像認識技術によって実現。動く物体を止めることなく、外観のわずかな違いまで認識できるため、従来の画像認識において必要だと考えられていた工程や動作を丸ごと省略することが可能。本技術を製品の外観検査に活用することで、検査工程そのものが不要になり、製造業での業務効率化・生産性向上に貢献することが期待されている。

妄想プロジェクト

SHUTTER Glass | 見過ごす「美」にしおりをはさむメガネ

情報量がさらに飛躍する社会では、日常の中に存在する「美しい現象」に目を止めることが、より難しくなっていく。

SHUTTER Glassは、日常の美しさを切り取ってくれるメガネ。「高速カメラ物体認識技術」により、常にリアルタイムな画像認識を行い続けることで、「美しい」と感じた瞬間を時間や位置情報とともに画像ログ化。身の回りの「美しい」を見逃さない。身近にある自然の美しさや他者の行動に気づき、身の回りの変化に自分で気づくためのきっかけを提供してくれるだろう。


妄想画家: ajisa

なぜできるのか?

高速カメラ

高速カメラを使用することで、高速で移動する物体を正確にトラッキング。認識に適した高品質な画像を確実に取得することができる。

認識適合画像選択技術

撮影時に得た物体の移動量などの情報をもとに、高速カメラで撮影された大量の画像のなかから、画像認識にふさわしい画像を瞬時に判断して選び取ることが可能。

多数決方式による画像認識

上記で抽出した複数の画像を使って何回も認識を行い、多数決方式で判定することで、高精度認識結果をスピーディーに実現する。

相性のいい分野

製造
高速・高精度な製品の外観検査
セキュリティ
超高速な生体認証により待ち時間や誤認識を減らして被験者のストレスや負担を軽減
医療
患者の容態が急変する可能性の高い手術において、複数の医師が遠隔で最適な処置をアドバイス
ウェルビーイング
移動中でもリアルタイムな画像認識を行い続けることで「美しい」をキャプチャするシステム
生物学
撮影が困難な希少生物をリアルタイムに撮影・解析することにより習性把握
スポーツ
人間の目では判定を行うのが難しい球技のイン/アウトのジャッジに応用

知財情報

主な知財ホルダー:日本電気株式会社 / NEC

この知財は様々な特許や要素技術が関連しています。
詳細な情報をお求めの場合は、お問い合わせください。

知財ハンター

Konel
/ Konel inc.

Konelはデザインとテクノロジーを融合させてフィールドを定めず制作を行う多国籍クリエイティブカンパニーです。


知財ライティング: 松崎啓