Pickup

2022.12.26

【知財番付2022】─今年の掲載知財251点から知財図鑑編集部が選ぶ、世界を進化させるテクノロジーTOP10

知財番付 バナー 2022 p01

株式会社知財図鑑では、優れたテクノロジーやサービスを称えるために、過去1年間に知財図鑑に掲載された知財の中から、知財図鑑編集部と審査員によって独自の評価指標で選出し「特に世界を進化させる可能性を持つ」と高く評価されたテクノロジーを“知財番付”として表彰しています。今年も2022年に知財図鑑に掲載された全251点の知財の中から、東西それぞれから特に評価の高かった知財を編集部と知財ハンターが“知財番付”として選出しました。

【評価指標】下記4つの指標にて5段階評価を行い集計しました。
①応用性
:他分野の産業や技術にも活かせる展開の可能性があるか?
②専門性:特定の産業やシーンにおける課題解決力があるか?
③将来性:次世代のスタンダードをつくる基盤となりえるか?
④クリエイティビティ:従来の表現活動や生活を拡張する創造性があるか?

※なお、本アワード「知財番付」は日本国内に拠点がある知財を対象としています。2022年は画像生成AIや対話型知財に大きな注目が集まりましたが、その中でも応用性や事業創出視点での活用が期待できる知財に審査の重点が置かれました。

本記事では、高い評価を集め“番付”として東西それぞれより選出された10の知財について紹介します。

「知財番付2022」受賞結果 発表記事はこちら

広告